FC2ブログ

今年の成人式の

顔ぶれは『たのしい者』がそろっている。

市の成人式は、かって地域の小中学校に在籍したことのある者を全部招待する。
『合併以前の村の風習を踏襲』してもらった。
だから元山留生も招待される。

4年生の時に1年takeyamaを『農家の父さん!』と呼んだ彼は、ひとりっ子で相当ホームシックが強くて、はじめは前の住所の名前が出ただけで涙がにじんだ。
そして当時の会で有名?になった『夏休み終了時の親子泣き別れの事件?』を起こした。

このことは、相当印象に残っていたらしくて、去年その事件に触れた時に、彼は『眼鏡をはずして瞼をぬぐった』。
そんな彼が、『まだ遊び足りないから来年も継続する!、という名言?』を残して、次の年も継続したのには『多くの者が口あんぐり』の状態だった。

彼は当初、首が判らないくらい太っていて、ちょっとした登り坂で息を切らしたのだが、夏休み前にはそれを脱して、『一輪車運転の名人?』になり、体を使うことが平気になり、よく農作業を手伝ったし、よく遊んだ。
特に冬にそれが顕著だったのだが、『水路にスキー板がはまって外れない事件?』があって『肝を冷やした』

5年時に在籍した彼は『当時相当かわいく』て、同級生と一緒だったのだが、はじめは『○○くん待ってー』と『尻を振って追いかけたのが傑作』だったが、3学期には『○○!』となって、挙句に児童会長選挙に打って出て1票差で落選した。
農家の父さんとしては『実はほっとした』のを思い出す。
余談だが、それを『高校時代にリベンジして、生徒会長になった』ということを聞かされて『オー!』と思った。

新らしいスニーカーがあるのに『ぼろ靴をはいて修学旅行に参加したことを『先生が「はきなれた靴で!」と言ったから』と理解したのだが、『靴ひもが結べないことを気にしたらしい』ことを後で知った。
もちろん『その対策は農家の役目』・

相当慎重な性格だった。
帰省時に名古屋以西が一人になることに気がついて、それまでのハイテンションが一気にしぼんで、急に食欲がなくなったこともあって、とびきり子供らしかったからおもしろかった。

『5年6年の2年間農家の子供だった彼』は、都合3年生から中学を卒業するまで7年間の山留生活。
ちょっと『癒し系?の彼』だったのだが、最後は生徒会長を務めた。
卒業後、玄関に顔を出して、『いつまでも小さいと思われても困るから!』と告げたのが、あまりの長身にたまげた。

『山留の知恵』なのだろうが、周りの人間の『感情の機微をよくつかん』で、だから、今でも彼の名前を口に乗せる親戚がいる。
『アー○○のおじちゃん!』などと彼の方から呼びかけたから。

『○○3兄弟』と言われたのだが、テレビの大相撲を一緒に見て、当時『栃東の血染めの勝負』に感動したのか『センターに大相撲ブーム』を起こしたのだが、姉のマフラーをまわし使って、姉に『信じられない!』と言われた事件があったらしい。

5年の夏、農家の父さんに対してお説教じみた暑中見舞いをくれたのだが、あまりに内容が面白かったので親に送ってしまって手元にそれがないのが心残り。

よく冗談で『○○は油断できない!、昨日のおやつがどこに、どのくらい残っているかを知っている!』と言ったのだが、もちろん冷蔵庫の扉を勝手に開けるようなことはなかった。
マー外の干し柿やいも干し位にちょっかいは出したのだが、こら!とかますと『あ!、見つかっちゃった!』と来るのが『なんとも傑作』だった。

6年生の時に在籍した彼は、『山留の勲章』に触れてある。

その後、弟が山留生に来ることを伝え聴いた当時の担任が『あの○○くんの弟が・・』とのたまったのがいかにもその『○○振り』をいいえている。

余談だが、兄貴とは相当違う弟は上級生女の子が『○○ファンクラブ』を作ったとか?

4人とも実によく遊んだ。とくに冬にそれが顕著で、市販のソリは2日位で壊れたから、スキー板で手製のものを提供した。
『1冬で防雪長靴を履きつぶす』のが当たり前だった。

相当印象的だった者がそろった成人式だから楽しみだ。
takeyamaも来賓の一人で式典に参加する。

そろって同窓会でもしたらいいのだが・・
スポンサーサイト



ある演説

色眼鏡をかけずに素直な感じで見てほしいから説明を省く
(前略)
「 今日本は、国家統合並びに民主主義の危機に直面しております。ここで私たちは、何よりも過去の歴史を振り返るべきです。
 昭和五年以降、我が国は急速に破滅への坂を転げ落ちていきました。その原因は、当時最大のエリートであった軍事官僚の独りよがりの正義感、現実から遊離した情勢認識でした。
 今、一部官僚により、それが繰り返されています。外交面でも、日本は国際社会の中で孤立し始めております。
 私は北方領土問題の解決に向け、政治生命を賭けて取り組み、国益に即した活動をしてきたと自負するものです。しかし、一部の外務官僚の情報操作と、それと手を握った検察官僚によって失脚させられました。
 しかし、国民が私をもう一度この席に送り出してくれました。私の北方領土返還への取り組みを、民意が正しく理解してくれたのです。
 私は北方領土問題とともに、竹島問題や沖縄の米軍基地問題、アイヌ民族の権利確立の問題の解決に努力して参りました。
 それはまさに、日本国家を維持し、強化したいと考えていたからなのです。
 取調べの可視化に取り組んでいるのも、検察官僚の小さな出世欲のために、密室における誘導や誤導、取引が常態化している病的な現状を、何としても矯正しなくてはならないと考えるからなのです。
 このことが実現されない限り、我が国の民主主義が根底から崩されるという危機を、自分自身の体験をふまえ、痛切に感じております。
 冤罪はあってはなりません。権力による国策捜査も、断じてあってはなりません。
 同僚議員の皆さん、時代のけじめをつけることは、国策捜査によって行うのではなく、国民によって選ばれた我々国会議員が、政治主導によって行うべきではないでしょうか。
 我々国会議員も、党派的な問題、個人的な野心といった、本質から外れ、重要でない問題に、エネルギーを注ぎすぎている現状を改めなくてはなりません。
 我々がこうしている間に、政治が民意から離れていくのです。そして、国家が弱っていくのです。
 私は国民の英知を信じます。国民の声に耳を傾け、国民とともに進んでいくことにより、日本は現在の危機から脱出できると確信しています。」
(後略)
 

続きを読む »

早寝早起き朝ごはん、テレビを止めてそと遊び

学校保健委員会の『講演会』があった。
会のタイトル『今子供たちが危ない!』にひかれて参加してみたのだが・・・

地域の子供たちに対して前から心配していたことを見事に表現した講演内容でまさに『我が意を得たり!』だった。

ちょっと前に文科省が『早寝早起き朝ごはん運動』に取り組んだことは話題にしたことがある。
4年前のこと
朝ごはんを食べない子供が増えて、そのことの危機感を明らかにしたものだと思う。

だから『~朝ごはん』までは目(耳?)新しくはなかったのだが、今度はより具体的に、後段で『テレビを止めてそと遊び』と判り易かった。

今親が『一番心配している?(らしい)学力』が『体力と連携』して、それが冒頭の文言になることが強調された。
『学力と体力が連動する』と言われて『オ!』と思わない親はいない。
もう何年も前から地域の子ども達の生活状態を『大いに危惧』していたのだが、今回の講演ではそれを見事に指摘した。
ちょっと『え!』と思ったのは、『大学生でもまだ自分をコントロールできない』のだから『親の責任と行動が小中学生にとって大事だと強調した』こと。
takeyama世代から見てもそうだと思う。
はっきり言って、子供たちの『親の生活そのものが『子供につながっている』と思わざるを得ない。

大学のクラブの『選手が1軍と2軍では体温が違う!』、『生活習慣を変えて成績が上がった!』などと言う指摘は『オ!』だった。
そしてそれは自分達で気がついたのではなく、コーチ等『周囲の大人が関与した』のだそうだ。

親に直接語りかける内容だったのだが、自分に置き換えてショックだった親もいたようだったが、『山間で自然環境はいい』ことのみを『自己満足評価してはいないか?』ちょっと心配な者もいた。
『環境は、人間が生かして初めて意味がある』。

『早寝早起き朝ごはん、テレビを止めてそと遊び』は『山留生の生活そのもの』だが、それを狙って意識している彼らたちでさえ『屋内禁止令』を出した方がいい時もあった。
明天気(あかでんき)に、障子を閉めて家の中いてはだめだ!」と雷をおとされた者がいる。
それでも普通の子供に比べてある意味健全で、際限なく無秩序に都会化(悪い意味で)する周囲の子供たちの『一定の歯止めになったらいい』と思って、山留の農家を続けてきたのだが、周囲にそう評価されているか疑問がわいてきて、今年から農家をやめた。

山留生自体もそんな『農家の父さんの期待に応えなくもなった』こともあったのだが。

すべてに納得した講演会だったのだが、どうもビデオなどの記録にはなっていないようで、会場に出向いたものだけではもったいないと思った。

『学校側が危機感を持っている感じ』で心強い。
今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR
RSSフィード