FC2ブログ

公と私の境目

市役所から立派な手紙(封筒)が届いた。
何かの役職者にあてたものらしくて、相当の数のようだ。

結婚式の案内のほど豪華なものではないが、厚手の用紙の案内状でマー普通の会議の通知などより相当グレードは高い。

封筒の差出人の欄には『市役所』と書いてあった。

開いてみたら市長の就任のあいさつ。
こういうのも『公の事務』なのかなー?
公私

文章の感じは『私文書』のような感じもするし、封筒の署名は『市役所』だから『公』か?

『つまらないことにこだわる』のは『悪い癖』の類か(ナ?)。

ちょっと頭の体操の類だが、そもそも封筒の差出人を『市長』ではなく『市役所』とした『担当者の意図』は何か?などと考える。
『封筒も本文も差出人が同じ』だったら、こんなことに気づくことがなかった。

「『変なことに気づいてください!』と言う『担当者の内部告発的なサイン?』だったらどうしよう?」などと思うのは深読みしすぎでしょうか?
スポンサーサイト



マスメディアの本質?

陸山会の資金問題はどうも『ん?』な展開をする。

多くの国民はもっぱら『小沢氏がわいろをポケットに入れた!』と思っているのだが、検察とマスコミの報道によって作られていることがあるのかもしれないとも思うようになった。

例の事件は年度によって二つになっていて、ひとつは『検察審査会が強制起訴を決定するような雰囲気』でもっぱら報道されている。
『検察がした不起訴の判断』を何と全会一致で『起訴相当』と決定し、再度検察(一応専門家集団)が不起訴処分としたら、今度は『強制起訴を決定する雰囲気』で報道を繰り返している。
『法律の素人の市民がそろう検察審査会の意見決定』には法律の専門家(弁護士?)は補助人として関与するのだがその人の影響が相当あることは想像に難くない。

決定が『全会一致という素晴らしい?もの』だったから、余計それを感じた人が多かったはずだ。
そのためか判らないのだが、件の弁護士は再度の決定に関与することを逃げて?しまったらしくて、今月中の集約はできないようだ。
そして前に決定した審査員が全員入れ替わってから(7月中にすでに半分は交代しているのだが)になるようだ。
参議院議員の選挙前にはもっぱら『今度は強制起訴になる』とみんなが思うような報道姿勢だった。

07年度分は別の審査会で審査されていたのだが、そちらは『不起訴不当』と言う決定で、まー『△印』の決定で、こっちの方は検察が再捜査して仮にまた不起訴を決定しても検察以外が強制起訴することはできない。

それを報道した朝日新聞。
裁判所前に公示されたものを写真にして記事にしているのだが、『本家本元のものの証拠写真?』を意図的に使ってあって、『笑って(本当は怒こらないといけないのだが)』しまう。

いつか消されてしまいそうだからその写真を添付しておく。
不起訴不当

多分『議論を誘導した補助員』の名前を判らないようにする意図だ(と思う)。
そもそも『申立人がだれか?』が話題にもなっていたのだが、その部分も隠す意図か?
ことは公示のもので記者の独自の取材によるものではないのだから、いずれどなたかが明らかにしてくれるとは思うのだが、マスコミの『姑息な手段の一環』が垣間見える。

小沢氏の『政治と金の問題』報道はちょっと疑ってみないといけないかもしれない。
『疑惑』『疑惑』の報道だが、政治的な影響はとても大きい。
『政治的に小沢を抹殺できたから、本質はどうでもいい』となってはいけない。

続きを読む »

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
QRコード
QR
RSSフィード