FC2ブログ

変わり目

3月から4月に変わって、身辺が大きく変わってきたのだが、旧年度を持って15年ほど続けた『山留農家』が終わったことは、自分的には大きなこと。

主催団体の方向が、ちょっと自分の思いとは離れて来たことを感じてきて、いらいらすることが多くなったし、自分も年を重ねて自分の思いを我慢して過ごすパワーがなくなっても来た。

親族や近所に『モーやめるよ!』と告げたのだが、『それはよかった!』が大半で、ねぎらいの言葉はあっても『頑張って続けろ!』という者はなかった。
近所から『ご苦労さん、よかった!』と言われたのには『ある意味ショック』で、『地域の子供たちのために!』と『シャカリキ』なっていたことは『結局は独りよがり』だったのかもしれない。

親戚や近所はハラハラしながら見守ってくれたらしい。

元々は村の教育委員会に在籍したときに、『村にとっての山村留学の必要性』を感じて、『地域の子供たちの成長にとって必要だ』と思って『山留農家』に取り組んで、継続してきた。

際限なく、無秩序に都会化してしまう地域の子供たちへの危機感を最近感じてきて、takeyama的には山村留学生の必要なことを最近の方が感じてきたのだが、地域の親にとってはそうでもないらしい。
こっちがずれているのかもしれない。

『日本の子供を育てる!』などと言う壮大な狙いなどはもちろんないのだが、takeyamaの価値観に合わないことはそれなりに厳しく対処してきて、今の時代『それなりの評価を受けて』いたと思っていたのだが、それも怪しいのか?

とかくこのブログは辛口なのだ。
山留農家は、運営機関から子供は割り振られるのだが、機関内部ではなくて、上下の関係でもない。

だからこのブログは山留の運営機関の監視は受けないはずなのだが、『個人情報云々』とブレーキがかかる。
個人情報は相当注意しているから問題はないはずだが、表面的な辛口の『行間の優しさ!』に気づかない者が『個人情報云々』になるのだろう(と邪推?)。

一応50人くらいの子供たちから『父さん』と言われれて、山留農家は21年度で終わった。
そこで、子供たちやその親との新しい関係が築けるかもしれない。
人質?が間に介在しない人間同士の関係ができたらいい。

山留のカテゴリーは終わりを宣言したのだが、マー自分のことだから・・・
スポンサーサイト



ごみ処理施設検討委員会への意見

前にごみ処理施設の位置決定についてちょっと書いたことがあるのだが、検討委員会が意見を募集しているので『犬の遠吠え状態では失礼』だから、次の意見書を提出した。

 ごみ処理施設検討委員会 候補地選定に関する意見書 4月9日 takeyama(もちろん本名)

今の候補地選定作業は白馬飯盛地区への計画頓挫を受けてのものであるのだが、前の用地選定過程の不透明さを反省するところから始まっている事は評価している。

といっても、大町・白馬・小谷での共同設置を前提とする以上、その中心付近、白馬では『神城地区』、大町では『平地区』か『美麻地区』になるような気がする。

学識者や公募委員の『候補地選定の理論的な根拠』は示されるはずだが、白馬飯森地区計画のとん挫の決め手が白馬村での住民投票に近い住民アンケートで結果である以上、今度も最終決定は住民投票的なスタイルをとらざるを得ないはずだ。
計画の撤退が、『住民の意思が決めて』であったことは厳然たる事実なのだから、当然『今度の決定に住民の意思が反映されるシステム』がない以上、『前の事件との整合性』が取れない。

白馬村での住民アンケートが結果的にノーだったから、表には出なかったのだが、もし仮に逆の結果が出ていたら相当の混乱状態になったはずだ。
それは『関係者の範囲があいまい』で、なぜ『白馬村の住民をすべて』だったのか、逆になぜ『白馬の住民だけ』をアンケートの対象者にしたのか?明確な根拠は示されなかった。
そのうえでのことだが、『施設の影響がどの範囲に及ぶか?』を最大公約的にでも決定し、最後は『住民の意思を問うことを明確にして』から、『位置の検討を始める』べきだ。
候補位置が明らかになる以前に、施設周囲の住民や利害関係者にアンケートを取ることを宣言したうえで検討を始めないといけないと思う。
候補地が明らかになる前でなければ大きな混乱が生ずると思う。

施設の影響がない、とくに『マイナス条項のない住民』が、『直接影響を受ける住民』と同一視されることは変だし、とくに、今のごみ問題に関しては、ごみ減量の話題ばかりが先行し、効率論ばかり語られる傾向があるから、もし学識者や公募委員などの『いわゆる理論先行型』にさらされる恐れがある地元住民には不安が募る。
もちろん議論の透明性は、前回の反省から保たれるはずだが、逆に『だから納得しろ!』となるのが怖いと思う住民は多い。

『最後には住民意思を確認する』ことを、関係者は『位置検討の前に明らかにしておく姿勢』が必要だ。

とりあえず、明確な根拠はないのだが、施設予定地から半径7.5キロ、『直径15キロの範囲の住民』と半径2.5キロ『直径5キロ以内の『利害関係者』への『アンケートを実施すること位を明確にしてから、検討作業に入るべきだ』と思う。

とかく、施設に『直接関係しない人の高邁な議論』は事態を混乱させるだけだし、『自分は関係ないから』と無責任にゴーサインを出されても困る。

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
QRコード
QR
RSSフィード