FC2ブログ

ごみ処理施設検討委員会

10月29日、検討委員会があったことが報じられた。
検討委員会の要綱はこちら

大町と白馬・小谷が共同設置する施設計画は、白馬村の飯森地区に造る計画があったのだが、白馬村での住民アンケートで拒否されて、結果的に計画は白紙撤回された。

新規まき直しでの計画は、前の反省を生かして、基礎からのやり直しになったようだ。

メンバーをみると、いわゆる学識経験者や公募の委員のウエートを高くしてある。

透明性のある議論をするべきだ。

何といっても、その位置が最大の関心事であることには間違いない。

といっても、大町・白馬・小谷での共同設置を前提とする以上、白馬では『神城地区』、大町では『平地区』か『美麻地区』にならざるを得ない気がする。

学識者や公募委員の『もっともらしい理屈』はあるはずだが、白馬飯森地区計画のとん挫の決め手が白馬村での住民投票に近い住民アンケートで結果である以上、今度も最終決定は住民投票的なスタイルをとらざるを得ないと思う。

計画の撤退が、『住民の意思が決めて』であったことは厳然たる事実なのだから、当然『今度の決定に住民の意思が反映されるシステム』がない以上、『前の事件との整合性』が取れない。

白馬村での住民アンケートが結果的にノーだったから、比較的に不協和音は隠されたのだが、もし仮に逆の結果が出ていたら相当の混乱状態になったはずだ。

大町の議会で討論された経過があるようだが、考えてみれば、『関係者の範囲があいまい』で、なぜ『白馬村の住民をすべて』、一方『白馬の住民だけ』をアンケートの対象者にしたか?明確な根拠は示されなかった。

そのうえでのことだが、『施設の影響がどの範囲に及ぶか?』を大まかにでも決定し、最後は『住民の意思を問うことを明確にして』から、『位置の検討を始める』べきだ。

候補位置が明らかになる以前に、施設の周囲、5キロないし10キロの範囲の住民や利害関係者にアンケートすることを宣言したうえで検討を始めないといけないと思う。

施設の影響がない、とくに『マイナス条項のない住民』が、『直接影響を受ける住民』と同一視されることは納得できない。

とくに、今のごみ問題に関しては、ごみ減量の話題ばかりが先行し、効率論ばかり語られる傾向があるから、もし学識者や公募委員などの『いわゆる理屈先行型』にさらされる恐れがある地元住民には不安が募る。

もちろん議論の透明性は、前回の反省から保たれるはずだが、逆に『だから納得しろ!』となるのが怖い。

『最後には住民意思を確認する』。関係者は『位置検討の前に明らかにしておく姿勢』が大事だ。

とりあえず、明確な根拠はないのだが、施設予定地から半径7.5キロ、『直径15キロの範囲の住民』と半径2.5キロ『直径5キロ以内の『利害関係者』への『アンケートを実施することを明確にしてから、検討作業に入るべきだ』と思うがどうだろうか?

とかく、施設に『直接関係しない人の高邁な議論』は事態を混乱させるだけだし、『自分は関係ないから』と簡単にゴーサインを出されても困る。

それにしても、広域連合は相当このことにエネルギーを使う。けれども、広域に参加している池田や松川は今度のごみ処理計画には無関係なはずだが、決定する権利が広域連合の組織上は生まれる。
変な話だ。

本来、大町・白馬・小谷でごみ処理の事務を共同で処理する『一部事務組合を組織』するべきではないのかなー?
スポンサーサイト



検索

ブログへのアクセスの傾向を解析する機能を付けてみた。

このブログに何を求めた方がたどり着いているか?の傾向を知ることができる機能。
このブログはせいぜい一日に30人(実人員)ほどが訪れる程度の、ささやかなブログだが、びっりしたことがあるから紹介したい。

今日の一番目の訪問者は『過疎地 就職』をキーワードに、この記事に訪問された。

試しに自分でグーグルで同じキーワードで検索してみたら、一番目にこのブログが来た。

就職活動が盛んな時期だが、田舎や過疎地の暮らしや就職を目指している人は少なからずいるだろう。
そんな人たちに対して『行政』や田舎の企業は答えているのだろうか?

実はいろいろの方策を講じていることは知っている。当該のブログの記事は市の政策をちょっと変えた方がいいと提言したものだ。

『過疎地 就職』をキーワードその記事にたどり着いた方は、そんな情報がほしくて来訪したものではないと思う。
もっと実際に役立つ情報を求めたものだと思う。

このブログの読者に少なからず市の職員がいるらしい匂いがする。

世間の現実を直視して、こんな検索で行政の情報に早く訪問できるような工夫をしてほしい。

今森林整備の事業を受け入れているのだが、作業されている多くの人はいわゆるアイターンの方のようだ。

漢字は『かんじ』で読むんだよ!

音読という授業があって、その宿題がある。
宿題はもちろん教科書の世界だが、ちょっとした雑誌や新聞の類を『子供に読んでもら』うことがある。

自分で読むことが『ちょっと厳しい』ことがあるから。

それらの音読を聞いていると、『あ!漢字を読み間違っているな!』と気付くことがあるし、読めない漢字を示されることがある。

『あ!この字』と言って新聞を見せる。
眼鏡を代えないと本当は判らないのだが、そこは経験則、『前後のつながりで判る』ことが多いし、『見ないでも判る』ことがあるから、相手はびっくりする。

そこで『かんじはかんじで読むんだよ!』と言ったら、怪訝な顔をしたが、しばらくして気がついて、にっこり笑って納得の気配。
『なるほど!』と感心している様子が愉快。

『私はびっくりした!、麻から、ぼたもちができるのかと思った』とかみさんが笑った。
『ぼたもち』と『おはぎ』は同じもので、季節や食する機会によって呼び方が違う。
もっと理由があるかもしれないのだが、庶民に難しい理論はいらない。

24日の麻のサミットでのこと。

サミットを紹介するパンフレットの文言をずいぶん批判した。伝統文化の継承をうたうフォーラムに伝統の言語がつかわない神経に『きれた!』から。

堂々と、平気で、パンフレットはあちこちに張ってあったが、講演や事例発表に『麻ひき』の表現が使われることはなかったから、マーよかった。
本当は、その麻ひきの間違いの経過を説明して、正した方が、『文化の伝承上は効果的』だったと思うのだが、まー都合のよくないことは『そーっと、やり過ごす』というのが世の常。

まだひとつ、字に書くだけではわからないことがあって、『麻(お)はぎ』は『麻(お)をはぐ作業』を名刺風にしたものだから、厳密にいえば『私は、おはぎをする』とは言わないで『私は、お(麻)をはぐ』という。

同じく『お(麻)をかく』という作業が『お(麻)かき』で、そんなことがしっかり理解されているのか疑問な言い回しをする主催者側の人間があって、なんとも違和感があったのが、さっきのかみさんの言葉。

テレビなどのドラマで信州物が扱われるとき、信州弁の特徴は『ずら』ということで『取ってつけたようなずらずら弁』に辟易することが多い。

生活実感のない地域の言葉づかいは、地域の人間は侮辱されたと思うことが多い。

イントネーションや発音の違いで、『お(麻)はぎ』が『ぼたもち』になってしまったり、『お(麻)かき』が『おやつのそれ』になってしまう。

『おめ(お前さま)、よくきた(来た)なえー(ねー)』とtakeyamaがいえば、老人は笑って喜ぶ(と思う)が、普段標準語や関西弁の人が同じことを言ったら、老人は侮辱されたと思う(かもしれない)。

生活実感のない方は、地域の言葉を使うことには注意した方がいい。
自分の『お国ことば』で話した方がいい。
『郷に入れば、郷に従え』という言葉はあるのだが、自分の持っているポリシーのようなものは簡単に変わるものではない。
『自分が気がついていないだけ』のこともある。

『地域を挙げての文化祭だから』と、『連合自治会の長』がいわば『お飾りの実行委員長』に祭り上げられたのだが、それやこれやで『いらいら!が続いた文化祭?』は終わった。

どっちが母屋で、どっちがひさしだかわからないが、地域の住民は納得したのか?疑問が残る文化祭?だったと思う『お飾りの実行委員長の感想』。

続きを読む »

『麻かき』と『麻ひき』

美麻の伝統文化に『あさはぎ』はともかく『あさひき』という言葉はないことを、
昨日のブログ『麻(お)』をかくで話題にした。

コメントももらったし、書いた後、考えたこともある。

『同じ作業のことを、地域によって違う呼び名で呼ぶことがある』だけで片付けない方がいい。
以下。

死んだ『おふくろの麻(お)をかく姿』をずっと見て育った。

麻の皮のうち『外皮の分はごみ』だからはずすのだが、その作業は2工程あった。

麻の方を固定し、『麻かき包丁(おかきぼうちょう)の方を動かして外皮をよける作業』と、後半は包丁の方を固定して『麻の方を引っ張って結果的に外皮を離す作業』との連続技で製品にする。

根もとの方は『丁寧に扱って上等』に、先端の傷が付いてしまった分は『作業時間を短縮する』ことに主眼を置いた。

前者は麻に対して包丁は鈍角で、後者は鋭角になる。

この二つの作業をきわめてリズミカルに組み合わせた。

包丁の方を動かす作業は『ごみ皮を、かき落とす』風で、包丁を固定し麻の方を動かす作業は『麻を引く』風。

これが『麻かき』と『麻ひき』の差ではないか?

麻をかく方は『品質重視』、麻を引く方は『能率重視』。

『麻をかく』という言葉で、美麻は続いてきたのだが、美麻などの山中麻は作付けの規模が小さいこともあって、『品質を重視した麻の文化』であった。実際上等の生麻が収穫できたのだろう。

『麻ひき』の言語が定着してきた地方は、規模が大きく『能率を重視し、生産量を追及』してきた麻の文化』なのだろう。

麻の文化は『もう絶えてしまった文化』を掘り起こして次代に引き継ぐことなのだから、単に『言葉の問題に事態を矮小化』しない方がいい。

『麻ひきという言葉』では『美麻の麻の文化を否定したことになる(と思う)。

美麻の人たちはいつも自分が間違っていたのでは?と思うう人が多いから、学識者の類の人が『麻ひき』といえば、自分が追従しないと遅れていると思って、簡単に自分の方を変えてしまう。

けれども、伝統文化は大事にしないと結局地域は残らない(と思う)、新しい美麻の住民が増えて、『昔の美麻』と言えば、実態が違っても飛びつく。

今日びっくりしたのだが、あすの文化祭の準備に集った関係者の間で『麻ひき』という言葉が『平然と交錯』している。

『産業としての、麻かきの経験も作業振りを見たことのない人間』が、『体験をセットされた、いわばお遊びの機会の経験』を『麻ひき』などと称して、したり顔』をする。

重ねて書くが、『美麻に麻ひきという言葉はなかった。』
各家庭に『おかき場というスペースはあった』が『麻ひき場というスペースは断じてなかった。』

すでに去年のワークショップなるものが怪しかった
『麻かき板』も『麻かき文化(美麻のような)』のスタイルといわゆる『麻ひき文化』では違ったのかもしれない。美麻で使った『麻かき板』は『薄い板で、数枚重ねて、弾力性がある』のだが、あすのために用意してある『麻ひき板?(と言うのかが判らない)』は、板というより木材だから弾力性が全然ない。精麻に傷がつくはずで、美麻で使った物とは明らかに違う。
そんなことにも注意して体験?してほしい。

いずれにしろ『産業としての麻かき作業』はなくなって、『文化の伝承としての作業しかない』のだから、軌道修正をしないと『良質の精麻を生産することにこだわった先人』に言い訳できない。

などと思うのは少数派?

インフルエンザ


『麻(お)』をかく

書いたものを見ただけでは、ちょっと気がつかないのだが・・・

伝統文化の伝承事業だそうだ。

美麻の伝統文化に『あさはぎ』はともかく『あさひき』という言葉はない(はずだ)。
今夜、地区の文化祭の実行委員会があった。

文化祭の中に含まれる行事ではないが、同時に開催する『麻のサミット』があって、その説明の中での話。

そのイベントの大きな柱に『伝統文化の伝承体験』というのがある。

美麻は村の名前の由来にもなっているほど麻とのつながりは深い。

だから麻にかかわる名称がたくさんあって、『文化の伝承』と銘打てば、言語にかかわることは相当重要なはずだ。

そんなことが大事だと思わないパンフレットだ。
見ただけで気がつかなければいけないのだが、言葉で説明を受けてその違和感に愕然とした。

麻を盛んに栽培し、麻糸の原料を盛んに生産した『伝統』の時代、麻は『お』と発音した。

だから『麻はぎ』は『おはぎ』だし、麻の外皮をはずすことは『麻かき(おかき)』といった。その道具は『麻かき包丁(おかきぼうちょう)』、その台を『麻かき板(おかきいた)と言い、その作業場のことを『麻かき場(おかきば)』といった。

とくに『おかき場』のことはそれ以外の言い方はないと思うほど定着し、古い作りの家をみるとこの家はここだな?と判る。
それくらい地域に定着していた『文化』だ。

蛇足だが『おかき場の恋』が一世を風靡した時代があるのが、この地域だ。

『麻』を『お』と読めない人間が増えることは仕方がないが、少なくとも『伝統文化の伝承』が今回の麻サミットのテーマなはずで、読めないものの方に視点を合わせては『文化』の名が『泣く』し、パンフレットのインパクトもない。

『美し村』を『うましさと』と読ませるセンスが、『ただの読み間違い』になってしまうとは、思いませんか?

とくに『麻ひき』という造語については全く根拠がなく『漢字が読めない』という話でもない。
最低『麻かき』でなくてはいけない。『麻ひき』はどこの文化ですか?

『美麻での麻』のことだから『『もっと通常の神経』を使ってほしいものだ。
そしてもっと『地域の文化に自信』を持たなければいけない。

麻のサミットは会場は文化祭の会場だが、文化祭とは一線を画して行われる。
それでも、実行委員長の立場で、こんなことをいまさら指摘してはいけないのだが・・・

馬好きは本物!

遊び


『他人の飯(めし)を食う』ということ


まだまだ・・・

全国で?父さんの健康を心配してくれる?諸君
父さんは元気だ!
どっちが引っ張る?
学校の運動会の様子をアップしたブログからの転載
無許可だが勘弁してくれるだろう。

顔はぼかしてあるが紛れなく『68歳の父さん』だ。
相手は小学3年生、引っ張られている風には見えないと思う(かろうじて?)。

なかなか優しい子だった。

とりあえず子供たちの部屋の窓から

岳山初雪10月9日
昨日山に初雪が降ったことはアップしたのだが、今朝の風景(6時)
今日は学校の梨の木祭(音楽会)
(画像をポチッとしたら拡大)

岳山に雪

台風が通り過ぎて、一時的に冬型の気圧配置になった影響だと思うのだが、『鹿島槍が岳』から『白馬岳』にかけての山頂に雪が降った。初雪

山頂は雲だから写真にはできないのだが・・・

山の、というか山脈の呼び方にいろいろあって、北アルプス、後立山連峰のことを、このあたりでは元々『岳山』と総称していて、ちなみにその『里よりのちょっと低い山』遠見尾根あたりを『前岳』と言っていた。

こんなことが、このブログの名前と関係していることは蛇足

『岳山に7回雪が降る』と『ここにも雪が降る』というのが、古くからの言い伝えだが・・・

いずれにしろ季節のモードは一気に変わってきた。

明日は学校の音楽会だが、そういえば例年、そこで『一番初めに寒さを感ずることが多い』ことを思い出した。

タイからの子供たちは帰ったのだが、9月に『手袋をして、寒い!』を連発していた。

山頂の雪を見たらどんな反応をしたのだろう?

大した被害がなかった台風

学校を休校して相当の備えをしたのだが、『長野県を直撃!』した割には美麻の被害はない。
というか被害の情報は聞こえてこない。

雨は梅雨時に降った程度で、土尻川の水量は大したことはなかったし、泥水の濁りも少なかったから大規模な土砂崩れなどはなかったと思う。

風は木の葉が落ちた程度で終わった。

少し離れたところでは道路わきの『桃太郎旗』は相当はためいてはいたが・・・

昔からこの辺では地形上だと思うのだが、あまり風が吹かないらしい。

美麻は昔、良質な麻の産地であった。地名の由来にもなっている。
正倉院の時代から山中麻として評価されたらしい。
柔道の畳の麻糸の産地だったそうだ。その辺のことは,
美麻wikiに記述があるのだが、良質な麻製品と『栽培に風は禁物』だったはずだ。

麻は2メートルを優に超える高さに成長し、日の光が届かなくて、下に雑草が生えない位に密埴するのだから風が一番の栽培上のネックだったはずで、そんなことから推察して、この地域はあまり強い風が吹くことはなかったようだ。

『合成繊維の発達』と『薬物大麻』の関係で、すっかり麻の栽培はなくなったのだが、今も麻の産業が残る栃木方面の麻や麻がらをみて、麻の品質の差は比べ物にならない位上等だ(と思う)。

かといって、それを売り物にすることは現下の状況ではとても無理で、文化の伝承が精いっぱい。

それはともかく、わが『故郷は風が吹かない地域であることに、改めて気付いた台風騒動』であった。

台風

新聞に

タイの高校生が2泊滞在したことは書いたのだが、美麻での滞在を終えたお別れの会があって出席した。

その様子が朝日新聞に載ったので紹介。
朝日新聞の記事タイ交流新聞記事


民族衣装はタイから持参したものだそうです。

『日本のお父さん』として『日本人を代表したつもり』だが、さて・・・
そんな大げさなものではない(笑)
今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
QRコード
QR
RSSフィード