FC2ブログ

裁判官国民審査

自分の民主主義は『中学の公民レベル』だという話は何回もした(と思う)。
だから『今もって青い』のだが、高齢者の仲間入りをして、それを恥じるより誇っている。
より頑固になったかもしてない。

中学3年時は戦後の民主主義やこの国の憲法がある意味『相当輝いた時期』だったと思う。
まだ『道徳教育の導入前』だった。

その時代、憲法が民主主義とともに語られ、『基本的人権』や、『主権在民』、前時代との対比で『自由と平等』、そして『戦争と平和』が声高く語られ、民主主義『制度としての3権分立』にいたく納得したのだった。

行政と立法、そして司法が相互チェック機能を持ちあう機能は『制度としては相当のもの』だと思う。

だから今でも、各種の機関や組織の規約、自治会のそれや農協の定款などについても『権力の分散や相互チェック機能』について、相応の発言をしてきた自負はある。

だが『理想的なこの思想』が『十分機能しているのだろうか?』、最近疑問だ。
国の機関のそれについては、相当怪しい。

それを国民の側から改めさせることができるはずなのだが、制度はあっても正常に機能はしていない(と思う)。

8月30日は一番の機会。

議員を選ぶ選挙はマスコミの偏向報道はあるにしても、ある程度の情報は国民に届くのだが、主権在民の一環として『最高裁判所の裁判官を国民が審査する機能』は『絵に描いたもち』状態。

判らないから『そのまま入れたら信任したことになる』という、詐欺まがいのシステムが横行していて、投票記載机に向かっただけで周りからは「アー×をした!」と分かるのだから、善人を気取っている有権者にはつらい。

ちょっと気になる裁判官がいても×をする勇気がない人が多いはずだ。

制度の問題点は8月26日の朝日新聞社説に載った。
その新聞社も読者の求めている情報を知らせてはいないのだから『何おか言わん!』なのだが、今日『国民審査の公報』が届いた。前にあまり信用できないことをブログに書いたのだが、その心配の通りだった。

公報をそのまま読んで裁判官に×をつける人はいない。
肝心のことは書いてないから・・・

30日は身内の法事だからあす期日前投票するのだがその前にtakeyamaの意思表示を!
このブログを読んでくれる方に勧めるわけでもないのだが・・
情報不足で困っている人の参考になれば

すでに竹内行夫判事に×をつけることは意思表示した。
当代1の人気ブログのきっこのブログと考え方が同じだが、岳山」ブログではすでに7月8日の時点で意思表示した。これはちょっとした自慢で、実は『にんまり』!している。

この判事は、日本がアメリカのイラク戦争に加担した元凶の外務次官で『判断材料』に書いたのだが、外務省裏金づくりにも関与した(と思う)。
世間を賑やかせたムネオハウス事件関与(でっち上げ?)や、佐藤優氏個人に外務省裏金事件を振り向けた。

まだなりたての判事だから、特徴ある裁判歴はないから、公式の公報をいくら見ても判断できないのだが断固、『判事としては困る』と多くの者が声をあげるべきだと思う。

近藤崇晴判事に×をすることもすでに意思表示した。
公報には意図的にだと思うのだが、植草冤罪事件に裁判長としての控訴棄却したことは書いてない。
6月25日の法廷で決定したのだが、何と公報には4月28日の事件まで記入して事態をごまかしてある。

この判決への関与はこちらで知った。
何と同種の事件には堂々と無罪を主張しているのだから、植草氏の政権批判の論陣封殺に乗り出した意図を感ずる。
公報の卑劣さを糾弾する意味を加えて、断固近藤判事に×をすることを改めて宣言する。

この小法廷での裁判に同席したことがこちらで分かった田原睦夫判事にも×

いま民間人の裁判員制度のことが話題だが、このことのために異例な形で最高裁判所の長官に一気に上りつめた竹崎博允判事がいる。
裁判員制度のために特別任命された感じで、この制度に疑問のあるものは×した方がいいのだが、takeyamaにはちょっと判断がつかない。
△をつけたら全体が無効になるからとりあえず無責任だが、白紙で提出する。
つれあいは×だそうだ。

こちらのHpを参考にしたらいい。

このことも公報には記載がない。

那須弘平判事に×すべきだと信頼する言論人の発言もある。前述した外務省背任事件だが、『組織としての事件を個人に歪曲』してしまった。
佐藤優氏の事件だが、時の上司が組織としてしたことだと証言した。
佐藤氏本人が背任行為をしたことは認めている(もちろん個人の利益のためではないこと)のだから『有罪でも仕方ないのか?』という考えがあって、×する自信がない。

選任の過程からみて、いずれの判事にも×をするべきだとの意見が多い。
ヒラメ裁判官という呼称もあるらしい。ヒラメは上(権力)ばかり見ていて、片側にしか目がない。
ヒラメ裁判官では国民が困る。

制度のシステムが『白紙は信任』となっているくらいだから、実際不信任になることは想像できない。
だから『いわくのあるものの不信任の比率が高くならないと意味がない』のだから、『全部を×』の議論にはくみしにくい。

竹内、近藤の順に不信任が多くなることを期待している。

ずいぶんジャンプが多くて読みにくいのですが、最後まで読んでくれてありがとう!
スポンサーサイト



裁判官を審査しなければいけない(その2番目)

前に『裁判官を審査しなければいけない』で予約したことがあった。

判断材料でも最高裁判所の判事に対する国民審査で、国民の意思を示したほうがいいことを書いた。

竹内行夫判事(アメリカがイラク攻撃に及んだ際は、「ここを乗り切れば、イラク問題への対応の8割は成功と言われています」と、攻撃を支持するよう、当時の小泉純一郎首相に迫った。外務事務次官からの最高裁判事に転身。)に×をすることを意思表明した。

加えて、植草さんを陥れた(と思う)権力(小泉・竹中路線)に加担して、最高裁への上告を棄却した裁判官がわかった。
8月3日に『刑期の残りを果たせ!』と刑務所に収監されたから、『無血革命ともいわれるこの総選挙』に言論参加できない。
時の権力者が相当怖がっている裏返しであるのだが、国民にとって不幸なことにならなければいい(が)・・

近藤崇晴判事に×をする。

前にも書いたことがあるのだが、国民審査のシステムは相当変な方法で行われ、○と×で区別すると無効になるのだが、判らないからそのまま投票箱に入れると信任したことになる。
だから判らなくて困ったら、『用紙を貰わない』か、勇気を出して『用紙を返す』しかない。
まごつくと『そのまま入れてください!』位の事を言う事務者や立会人がいる(かもしれない)。
棄権する権利を行使するのには勇気がいる。

あと2人『考え中』の者がいるのだがいずれ・・

冷静に解説しているHpを紹介
takeyamaはこっち方がピンとくるのだが・・・

衆議院議員の総選挙の期日前投票は、告示後すぐにできるのだが(美麻支所では違うかもしれない)、国民審査は23日以後でないと、できないようです。

食育2題


裁判官を審査しなければいけない。

前にテレビが壊れたしまったことをアップしたことがあって、ついでに『テレビのない生活を体験してみたらどうか』とコメントで提案されたことがある。経済対策、定額給付金とETC

だからというほどでもないのだが、『居間にテレビがない生活』を、3月おくってみた。

テレビをはじめマスコミというものに対する対処の仕方というか、見方のようなものが少し変わったことを実感している。

田原氏の『強引な議論誘導』、古館さんの『したり顔』、みの氏の『独りよがりなエセ正義感振り』そんなものから逃れられた。

テレビがなくても新聞やネットで新しい情報が入るのだが、ネットのそれはただ情報が垂れ流されてくるのではなく、少しく配信者の主観が入っているから、逆に事態の本質が見えてくる場合がある。

そこでの感想だが、この国のありようがおかしい。

今朝のマスコミは『裁判員制度での裁判一色』だが、今は裁判官を裁判する必要がないか?

マスコミは意識的に取り上げない(のだと思う)が、昨日植草という学者が収監された。
痴漢という破廉恥罪に陥れられ(だと思うが、現場にいたわけではない)、最高裁判所まで上がったのだが結局は刑が確定した。
今は普通の生活をして堂々と意見を述べているのだが、刑の確定によって残っている刑期(60日かな?)のために刑務所に赴いた。

氏は郵政民営化の真の狙いを喝破した。

郵貯や簡保の資金をアメリカに持ち出すことだと主張し、ときの小泉総理や竹中路線を批判した。
当時はテレビなどにも出演したのだが、その筋に睨まれて『事件を仕組まれた(と思う)』のだが、当局の発表を垂れ流すだけの大手マスコミで、それを論じたものはいなかった。

破廉恥罪だから、普通はそれだけで言論を封じられたのだが、氏の場合はその後も本を出版したり何よりもインターネットで情報や意見を発表して、氏のブログはランキングトップの状態だ。
権力者にとって相当目ざわりだったはずだ。

おどろおどろしいことだが、刑務所の中で命を抹殺されることさえある。三浦事件は自殺として処理された。
抹殺されないように『私は自殺しない!』と収監前に氏は書いてある。
大勢の目で見守る必要がある。

権力者の都合でいろいろのことがある。本来のマスコミはそれを見破っていかなければならないはずなのだが、大手新聞やとくにテレビにその力はなく、当局からの情報を垂れ流すだけで『御用マスコミ』になり下がっている。

無血革命の様相を呈してきたこの総選挙に際して、『小沢秘書いきなり逮捕事件』はまだ司法のうちの検察だけのことだったが、今回のことは司法全体の国策(ときの権力者階層)事件の趣がある。

事件が、選挙の前と後では大違いで、問題なことが後で発覚した自称剣道2段の知事(実は段位の認定は受けていない)はのうのうとしているし、小泉劇場の主人公はうそぶいている。

裁判官は制度のうえで『国民が審査』できる。
裁判官のかかわった事件などの公報は、審査に際して出されるはずだが、あまり信用できない(と思う)。
すでに1人の×は決めたのだが(こちら、平和日本の観点から)、この件の裁判官にも×しようと思う。
同調者を募りたいのだが、はっきり個人名が確定したらアップする。

白紙投票は信任したことになるし、○と×ではっきり意思表示したら無効になる変な制度だし、期日前投票では裁判官の審査はできないような情報もある。
当日は身内の法事があるからあらかじめ期日前投票をとも思ったのだが・・・
今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
QRコード
QR
RSSフィード