FC2ブログ

「秋刀魚の頭はどうしたんだろう?」

金曜日の夕食時、こども達は給食の話で盛り上った。

この日の給食のおかずは『秋刀魚』
「頭どうしたんだろー?」全員の分に頭がなかったから『相当の頭がどこかにいったはず』と子供達が言った。

最近のスーパーには、頭だけ除いた生の秋刀魚を陳列してある。だからほとんど話を気にしないで、おおかた『頭だけ刎ねた秋刀魚を注文したのだろう』位に思ったのだが、どうも違う。

学校の給食はおよそ140人分だが、その全部に『尻尾の方の側、半分』が提供されたらしい。
相当丁寧にスーパーを探しても尻尾側だけを売っている事は無い。
だから特注だと思う。

『頭側をあてがわれたものと、尻尾側のものとが不公平になる』大方そんなことだろうと思うのだがtakeyamaの感覚では『ちょっと異常だ』

子供の頃、魚の輸送手段が悪かったからこの辺に来る秋刀魚は『良くて一塩』で生のさんまなどにはお目にかかれなかったし、冷蔵の技術が進んだのは随分後のことだったから大概のものは『焼くと内臓の部分は、なくなったか、少なくても形は崩れた』
貧乏人の子沢山と言うやつで兄弟が多かったから秋刀魚は良くて半分だったから「しっぽの方が来れば良い」とひそかに思っても、それを口にしたことはなかった。

教育機関がする学校の給食だから、教育的な見地から『断固頭側』『断固尻尾側』を提供することが今『流行の食育』だと思うのだが。

内臓はちょっと苦い味がする。今は大の大人がちょっと苦いだけで大げさに顔をゆがめる。
そんなことに配慮したのかもしれないが、ちょっと大げさに言えば食の文化がゆがんでしまう。

さすがに山留生でその『異常さに気がついている。』

尻尾半分でも『皮をよけて食べ』たり『残す人』が居て、変だという。
変なことは変だと思うし、そんなことに気がつく山留生にちょっと安心しているtakeyamaです。

そんな話の最中、漬物に入った青唐辛子のでかいのを飲み込んで真っ赤になった少年が居た。
「ピーマンだと思った」とは言うのだが、一緒の茗荷も辛かったはずでこれも『気がつかないほうが悪い』と断じるのがtakeyama流。

賞味期限や消費期限もその『記述を鵜呑み』にするのではなく、自分の味覚や感覚を磨いて自己責任を!と思っている。
同じものを口に入れても、吐き出して飲み込まなかったから事故にならなかったり、被害が軽かった事例は多い。
スポンサーサイト



お取引店舗の変更のお知らせ!

農協から標題の通知が届いた者が多いと思う。

ことは『金融機関の店舗としては大北農協の美麻支所(八坂支所)がなくなる』こと。

本来の『農業経営の支援』から『観光』と『共済や金融』が経営の大きな柱になってしまっている大北農協は『経営形態の変革』を求められている(らしい)。
近年『機構改革』と称して『組織いじり』が盛んだ。

機関では決定済みなのだが『大町支所から金融部門をなくすスリム化計画』がある。
ことをそのことに集約すればわかりやすいのだが、計画は『本所が金融店舗を持たないこと』にして『本所の店舗(光明寺)を大町支所の金融店舗と言うこと』にして、『大町支所の金融店舗は残す形』にすることが決まっている(らしい)。これは前に農家懇談会の席で説明された。

大町支所の金融部門が形としては残っても、実態は今の大町支所(堀六日町)に金融店舗がなくなることなのだが、肝心の大町支所管内の組合員のゴーサインが出ていない(らしい)から計画通りに事態は進んでいない(と思う)。

管内以外の組合員にとっては大きな機構改革のメリットだが、管内の組合員や利用者にとっては『相当のこと』だから『簡単では無いこと』は充分想像できる。

スリム化は実は進んでいない。大町支所の店舗は今のままだし本所の店舗も今のまま残るのだが、計画の一部である『美麻(八坂も)支所の金融部分はなく』して『大町支所に統合する』ことが今回の通知の内容。
支所に確認したが『店舗は今のまま残って、業務は継続する』するそうだから、農協全体の店舗は減らない。
だから『形はスリム化』でも肝心の営業費用が減る機構改革にはなっていない(のでは?)。
大北農協は矢継ぎ早に『機構改革?』を繰り出すのだが『ん?』と言うものもある。
今回は『まさに形だけ』。

日々の預貯金の出し入れには変化がない様だからいいのだが、支所の『金融機関が形の上でなくなる』ことは『貸し借りの利用や大口の取引などは責任者不在』などと言う事態が出るかもしれない。

支所から金融店舗がなくなって、『支所のなし崩し的廃止』につながるおそれはないか?
金融店舗の名前が変わって『支所の維持費用だけが注目される』ことにならないか。
理事や総代の方は充分説明してほしい。

takeyamaのメインバンク?は農協。『都合が悪くなったら変更』と言っては来た。
とはいっても『年金の振込み口座の指定』だけのことだから『マーお笑いの範囲』。

鹿に遭遇

これは動物園でも奈良の辺の公園でもない。

野生動物が元気なことは前に書いた。

鹿が現れ豆の葉っぱなどをたびたび失敬されていて、夏からこっち4回ほど実物にも遭遇して居た。
昨日はちょうどカメラが車に有ったから撮影した。栗林の鹿

あわてていたし、デジタルカメラの機能はなかなか覚えにくい年になったから、写真の出来は良くないが。

全体が加齢臭にあふれた限界集落のせいか、野生動物は結構傍若無人であわてて逃げるようなそぶりはない。

前に神社が熊に壊されたことを話題にしたことがあるのだが神社の庭からの写真だし人家から100メートル足らず、これから毎日栗を拾いに行く所。

藤井神社のこと

 美麻づくり通信からお祭りについての原稿の誘い(依頼?)があった。
ちょっとまとめてみたのだが字数の制約があって収まらない。
最近は活字離れの風潮とかで長い文章は嫌われるらしい。
大幅に縮小するのだが、その前に元の文をアップする。
灯篭


続きを読む »

敬老

9月15日は敬老の日。と言っても毎年祝日の日にちが変る。
『連休を人為的に作れば、出歩く人増え、全体の支出が増える。結果的に景気が良くなる』という『3段論法で祝日が9月の第2月曜と決められ3連休が誕生した。

基本的に、敢えて言えば、もともとこの国の『高齢者に対する畏敬の気持ちが怪しい』のかもしれない。
景気浮揚が敬老に優先する象徴的な出来事ではないか?

少子高齢化社会が強調され『一人の高齢者を支える若年層の人数』がたびたび話題になり、高齢者は肩身が狭い。

だから、後期高齢者医療制度は『高齢者は高齢者だけで保険制度を運営する』ようにと作られたのだが、今の高齢者と言われる人達はかって『高度成長する社会を支えてきた人達』だったことに気がついているだろうか?

今も制度は残っているはずだが、福祉年金と言うのがあって、明治40年頃以前に生まれたものには『負担なしの年金給付』さえあったのだが、そんな制度を維持負担した世代が『後期高齢者』と呼ばれる世代で、それら『かっての高負担』を『社会保険制度始め無計画に食いつぶした』ばかりでなく、ずさんな処理で政府自体が詐欺の一端をになった風さえある。

無神経な後期高齢者と言う呼び名も高齢者の尊厳を傷つけた。

道路交通法が改定(改正とは言わない)され、高齢者のもみじマーク設置が義務付けられた。

『もみじマーク』はそもそも論で恐縮だが、マーク設置者を回りが気遣うための制度だったはずで『それを設置していた方がお得ですよ!』だったのだが、『道交法で設置を義務付け』違反者を取り締まる方向は『高齢者を車社会から排除すること』に他ならない。
高齢者の車での事故があることは否定しないが、その率は決して高くは無いはずで、山での遭難事故の多くを高齢者(予備軍を含めて)が占める実態とは相当違うはずだ。

『法律で設置を義務付ける前』に『公共機関やスーパーなどで優先駐車帯をもうける』ことを義務付けるとかを先行すべきで、そんなことが今までの社会を支えた高齢者に対する畏敬だと思うのだが。

合併を契機に『公共機関(村)での敬老会』がなくなって、実態がちょっと『ん?』の『敬老会実行委員会』なるものが敬老会を主催することになった。
実施する主体が実行委員会であることは理解できても、主催する機関はもっと公的なものでないと『老を敬う事にはならない』と思うのだが。

敬老の日にその予備軍?が思ったこと。

そっくりだ!

1日は山留農家の研修会で野沢温泉村の旅館に居た。
仲間と楽しいお酒を飲んでテレビも見ないで寝た。
2日の朝、仲間の1人が朝刊を持って『福田総理が辞めるそうだ!』

ちょっと夕べのお酒が残って、うつらうつらして居たのだが、びっくりして一気に目が覚めた。

一応『重厚な政治家』を、いわば売りに総理になった福田さんのはずだが、やることは安倍さんと一緒。

内閣を改造して、まだ国会にもデビューしていない大臣がいる。
内閣改造は何だったのか?
『安心実現内閣』のキャッチフレーズはどうした?
いかにも言葉が軽い内閣が続く。
厚生労働大臣も大きな見得を切るが実体は伴わない。

郵政民営化と言う『国民に覚せい剤を使った小泉総理』から引き継いで、美しい国を造ると言ったが突如政権を投げ出した安倍内閣に続いて、重厚な経験豊富を売り物にした福田総理もまた無責任に政権をほっぽり出した。

民主党の小沢さんの『代表戦出馬のニュースのタイミング』に『総理辞任の記者会見』をセットした手法が、したり顔の識者風の御仁は『絶好のタイミングの辞任劇』だと言う。

もちろん『自民党にとって』であって『国民にとって』では断じてない。

それにしても『選挙だけを意識』して『国民に向けた人気だけを重視』する、この国の政治家集団はなんだ?

秋葉原で『若者にこび』て、ピースサインを送る人気だけに頼っていて良いのか?
選挙を意識した『ばら撒き政治』にごまかされて良いのか?
『郵政選挙の目くらまし』にまた国民はだまされるのか。

自民党の総裁選挙の日程は、先に決まっていた民主党の代表戦と見事にダブル。
『絶好のタイミングの辞任劇』だと『重厚な政治家(屋)』さんは言う。
だから『安倍ぼっちゃんとは違う』と言うのだが、takeyamaはそっくりだと思う。

選挙民はなめられている。
今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
QRコード
QR
RSSフィード