FC2ブログ

市営バスの路線やダイヤは

『地域公共交通会議』が決めることになるそうです。

『ふれあいバス』は村営バスより料金が安くなって良いのだが時間や路線の設定が『イマイチ』の感があり改善が求められていた。
20年の4月からの路線やダイヤ改正への意見を『地域づくり委員会』に諮られているのだが、市役所は提案している内容を基本的には変更するつもりがなく、地域づくり委員会が『住民の意見を聞いた』ことのいわば『アリバイ』に『利用されるのではないか?』と思うのが実態。

もちろんtakeyamaを含めて委員の側の責任なのだが、地域づくり委員は『市長から委嘱』されたもので、住民から選出された議会議員とは違うから、それぞれある種の戸惑いのようなものがあることは仕方が無いのだが、それにしても市側の提案を容認することはあってもそれを『住民の側に立って批判や提言をする気概』はちょっと『?』だ。
まさか『市長の意向を住民に納得させる役割』と思ってはいないだろうが。

『ふれあいバスの路線やダイヤ設定』に3回目の地域づくり委員会が24日にあった。

第1回目の会には欠席してしまったのだが、1回目は『支所の主管』で行われた。
具体的な時間を設定して大町間を6往復する案だったことはすでに書いたのだが、2回目の会は『市役所の市民課の主管』で6往復の確保は難しい雰囲気だったから『委員会の意向として6往復を要望する』ことの決定を提案したのだが、委員の同意は得られず、特に『責任者から相当の勢いで排斥』され、単に個人の意見として取り扱われただけだった。

案の定今回の市役所からの提案は5往復のダイヤが示されていた。

委員の大勢は『やむなし』だったのだが、大町からの帰りの便に1時間30分も余裕があるものがあるから『その間を利用してもう1便増やすべし!』と主張した。けれども『運転者の休憩時間がないと安全運転が図れない』とのことで納得せざるを得なかったし、休憩時間を大町側で執ることは『支所の相当の工夫』なことに気付いた。

『美麻の車庫』で無く『大町側』で『休憩時間を執る』ことによって、大町行は、午前3便午後2便だが、美麻に帰る便が午前は2便だが午後は3便となり、実質的な6便に近い運用が出来る。
行きの便を午前に3便確保し、帰りの便は午後に3便確保する勘定。

『市の側は6便体制に相当の抵抗がある』からそれをあきらめるのだが、実質6便に近く、運用されると「マー相当便利」にはなる。
支所の担当に敬意!

それは好いのだが『朝の高校通学用ダイヤは何とかならないか?』と主張した。
新行・大町間は路線を廃止する案だから千見・青具(池の平だけ)の利用者は新行から梨嶺に向かう便に乗ることになる。
新行からの利用者は『大町に向かうのに梨峰行』に乗車する。

挙句の果てに『今のふれあいバスの定期的利用者に大町スキー場からの利用者がいる』からとてこの便に限っては『スキー場まで行って梨嶺に帰る』から、今より20分くらい早く出ても大町に着く時間は変らないことになってしまう。

結局『新行・梨嶺間の利用者は無い』『予感』がするから「せっかく大町スキー場まで行くのだからそのまま大町へ向かうべき」だと主張したのだが市役所は「出来ない!」との説明に終始した。

直行すると7時20分台の松本行きの電車に間に合うし、大町地域の高校でも部活動に都合が良いものがあるはずで『選択肢が増える』ことになる。
『新行出身の委員が実情を調べる』ことになったのが唯一の成果だが、真摯な検討を願いたい。
例によって会の結論は出ないのだが『大筋は認める!』ことに決定した(のかな?)。

前に書いたようにいずれダイヤ等は『地域づくり委員会の意見で決めた!』と言うはずだが『公共交通は地域公共交通会議が決めます』と市役所は明言した。

『いろいろ言っても受け入れられない!大勢に影響しない時間くらいは考える』とのことだから『所詮は犬の遠吠え』状態。

『価値が無い会だったら席を立つ』と担当者には伝えた。
「takeyamaさん、合併したんだから!」と慰めた?委員が居た。

『都合が悪くてもふれあいバスを利用するしか方法が無い!』と言うアンケートの答えが気になった。
地域づくり委員は『全員自家用車の利用者』だが、あらためて責任の重さを感じた。

先日の地域懇談会の席で交通弱者の切実な訴えがあって、テレビで見た人も多いと思うのだが、その意見に支所の担当者は『充分配慮した』と答えた。

それに救われたのだが『ダイヤの情報』が一部に握られているだけだから実情がわからない不安を抱えて心配している住民がいる。

『情報を占有したい!だけの関係者』がいることには充分注意しなくてはいけない。

このブログがいわゆる交通弱者の『目に触れる機会』は少ないと思うのだが『手っ取り早い手段』を持ち合わせない『イライラ感」がある。
可能な方は近くの関係者に伝えてほしい。

『自治会の役員だったから委員に推された』のだが、改選によってその任が無くなって、自治会の責任者が地域づくり委員ではない自治会が3自治会に及ぶ。
『地域住民の意見を把握するすべ』を持っているのだろうか?

余計な心配かナ。
スポンサーサイト



収穫祭 個人研究

10日にセンターを会場に山留の収穫祭があるあのだが、ちょっと取材?したので研究テーマを判る範囲で(美麻wiki「山村留学の今」にも書いてある)

長寿の秘訣(ユウキ)、おやき(ヒトミ)、和紙(ガク)、鳥を捕まえる(コウヘイ)、美麻縦断(ナオユキ)、ツリーハウス(ヒトシ)、将棋のこま(ダイチ)、キャンプ(タクト)、美麻の石(レイジ)、通学路(マサタカ)、炭を焼く(マサヤ)、民話・伝説(サトル)、方言(モトヒロ)




収穫祭の案内が

4人から届いた。

収穫祭を通じて一皮剥ける山留生が多い。
地域にとっても彼らの個人研究は意外性があるから面白いことがある。

11月10日
10時00分 感謝の式 自然の恵み収穫への感謝と祝い
13時30分 個人研究発表 終了後全体発表 民話劇や太鼓 一般公開します。
18時00分 会食会

11月11日
11時00分 模擬店開店 農家の直売も
12時00分 バザー




初冠雪

冠雪後今朝は好い天気
白馬初冠雪

スーパーのレジで

「3段のダムのうち2段はなくなる」「多少オーバーフローするかも知れない」
おそれ多くも天皇陛下と同じ病気になって
去年対応する際に説明を受けた。
それ以来『下流域の予防対策』が必要なのだが、『成人男性にはちょっと面映いもの』が要る。
その都度ホームセンターや薬局ではカミサンの手を煩わせていたのだが、ボツボツ『しっかり現実を見つめたほうが良い』と思って一念発起(大げさだが)して、自分で用意しようと思った。
必要な品物だけを買えば良いのだが『ちょっと!』と言うわけで、『カインズホーム大町』は食品スーパーと一緒だからマー『いいちこ』や食品などもかごに入れて『レジ』にならんだ。
すぐ前にはあまり親しくはないが知人がいる。『気がつかなければ良いなー』などと思いながらカードを示したのだが『レジ係』の対応に感動した。
若い女の子だったのだが『件の品物』を『バーコードを読み取ると同時』に『スーッ』と『不透明な紙袋』に『何気なく』入れた。
その自然な対応に『ちょっと感動』して思わず「気を使ってくれてありがとう!」といった。
言葉は無く『自然な笑顔』を返してきた。
そんなわけで知人にも『何気なく挨拶』が出来た。
このホームセンターは,男性用トイレに『ウォッシュレット付きの個室』が多く用意されていて、ハンディキャップがある者には大変都合が良い。
『店舗の姿勢』のようなものがあるのだろうか?
帰りの車の中ではちょっと涙腺が怪しかった。

懇談会

11日の夜は、『地域懇談会』と前面に看板がかかっていた。
市長や市役所(支所も含めて)から見れば『地域懇談会』だが実態は市長が住民の話を聞く(ちょっと揶揄的にいえば『振りをする』)会』だから参加者から見れば『市政懇談会』が開かれた。
去年の会は用意周到、ひな壇にご一統様が様がぞろぞろで、発言要旨を提出して答弁書が議会並みに出来ていた会であまり評判がよくなかったのだが市長さんが1年たって自信がついたのか今度は1人で来た。
連合自治会が主催したが実態は支所の設営、参加者は40人ほどだったが地区(集落)長などには個別の案内があったようだ。
Takeyama宛にも通知来たのだが、そもそも連合自治会が住民の自治組織として成り立っているわけではない。連合自治会は村時代の『区長会(初めは区長の親睦団体だったのだが、今流行の協働の先がけとして行政機関に上手に取り込まれ、協働の一方の旗頭として都合よく利用されてきた。)』がそのまま移行したから、本来自治組織であるはずのものが支所のコントロール下でお金の心配も要らないものになっている。
自治会(区)から連合自治会に負担金はでていない(と思う)。
けれども『連合自治会名』ではがきが届いた。
そんなことはどうでもいいのだが、

当日の話題を少し。
いずれ美麻テレビで放送されるはずだから事前に
予告案内は『市政懇談会』になっている。結構『国語』に無頓着なことが多い。

続きを読む »

遊ぶこと

今日は体育の日、もともとは東京オリンピック開会式の日(10月10日)を記念した日で、東京オリンピックでは過去の統計上『一番天気が安定した日を開会式の日』に定めた。

『晴天が何故重要だったのか?』それは飛行機(飛行機雲)で5輪のマークを作る計画があったからで、見事にその狙いは的中した。だから『体育の日が雨になるはずはない』のだった。

何年か前、『3連休を作ることが景気対策になる!』と言う変?な理由から『10月の第2月曜日を体育の日にする』ことになって『雨が降らない体育の日の定説』が怪しくなって『今日は雨降り』になってしまった。10月10日の天気はどうなるのかナー?

天下の朝日新聞の『体育の日の社説』が日ごろの『takeyamaの危惧』を見事に代弁してくれた。

山留生を通じて子供達を見続けてきたのだが『10月2日のブログで書いたこと』が日ごろtakeyamaが感じていることで、だから彼らに対して『いつも小言の材料』になっている。

このところの子供達は『体を使った遊びが確かに少ない!』『名前のついた遊びしか出来ない!』ことに『何時も相当の危惧』を感じていて、ことは体力の低下にとどまらず『危険を予知したり回避する能力も欠けてきた!』と感じているのだ。

『徒歩通学の実践』もそんな想いからで、『危険だから○○』と『危険を大人があらかじめ排除するだけの風潮』に一石を投じているつもり。『単なる意地悪』ではない。
今日の社説を見て『意を強く』した。
もうしばらく『頑固に実践する!』つもりだから関係者の方た「よろしく!」

藤の観音堂完成

8日には完成式
午前中に観音様を安置して午後2時から堂宇の落慶法要、3時から直会
天気が心配観音堂

棟札表
心柱につけた棟札、この堂を壊すときにしか人の目には触れない。

ここまでようやく来た

炭焼きを

個人研究のテーマにしたものがいる。

炭焼きは昭和35・6年頃までに『業』としての使命は終わっている。
皮肉な話だが、炭焼きの現場にプロパンのボンベを運んで調理を始めた頃から急激に衰退した。
炭焼きの作業現場は材料を運ぶ手段が今とは徹底的に違うから『素材のある近くに作業所である釜を作った』し、その作業、特に白炭のそれは『炭を釜から出すタイミングが大事』だったから、夜でも朝でもしなくてはならなかった。
だから炭窯のそばに『居小屋』と言う『生活スペース』を造って生活した。男の食事つくりも普通のことで、便利なプロパンガスを使うことにもなった。
不便な『熱源産業の従事者』が『他の熱源を使う』事態になって、炭焼き事業は急速に衰退の道をたどった。

中山間地の山林は炭作りやまきへの利用だった。20年から30年間隔で利用したから自然に山は更新された。
若い林木はその切り口から自然に生えるものが自然に次世代の山をつくる。
いま雑木林は利用できないことから大木になってしまい、再生不能になって結果的に山が壊れてしまうので、木を切るから山が荒れるのではないのである。

炭焼きはもはや『業としては存在しない現状』から『新しい炭の利用』水分調整機能や臭気抜き機能に着目した利用や炭焼きの際できる『副産物の木酢液』の利用などが課題になっている。
だから炭焼きの研究は、業として栄えた『歴史や文化の研究』や『燃料としての炭以外の利用に関する研究』か『炭を焼いてみる体験』をするかに分かれるのだが、件の少年のテーマはどちらにスタンスを置くかが判らないからどうアドバイスをするか悩んでいる。

趣味としてはともかく業として炭を焼くものはもはや美麻には居ない。

中学生の頃親父の手伝いで木を切ったり、炭窯から真っ赤な炭を汗だくで出したり、また釜に木を入れたり、釜の口を石と泥でふさいだり、いろいろ思い出はあるのだが。

開かれた?議会

今日の大糸タイムス一面は『「開かれた議会」へ一歩』で一般質問の一問一答方式導入の方向を報じている。

今度の議会から本会議の審議がインターネットでライブ中継された。
CATVでも前から放映されているがこれらは結構実態が映り難い。

議員の一般質問は原稿が市長側に届けられている(と思う)。
いわゆる『質問取り』が充実していて、本来議長に通告すれば足りる質問内容が事細かく市長側に届けられているからその答弁内容も充実?していて、一度議会を傍聴してみると驚くのだが、市長側の答弁の最中にひな壇?の市役所の幹部が答弁書のページをめくる行動が一緒になる。異様な光景だ。

もちろん実態が公表されることは無いだろうが市長以下同じ答弁書を持っていることは明らかで、議会の答弁に仕事の多くの時間が費やされていることを物語っている。
どちらも原稿どおりにするのだから、答弁原稿も議員側に渡せば良いし、議会が閉会したらすぐに公開したら良い。議事録が編集されるのは3月くらい後だから。

一般質問が完全に『セレモニー』になっていて、その実態をメディアは知っているから『質問方式が一問一答式になっただけ』で『開かれた議会』の表現になるのだが、それほど『議会が議会らしくなかった』ことを語っている。

以前に議会に要望
したことがあるのだが、とにもかくにも『一問一答』『持ち時間に答弁時間を含まない』ことは「市民は歓迎」する。
『一括質問、一括答弁』も併用する方向らしいが『相当の実力』がないと『一問一答方式』は陳腐なものになるから方式を選択するのに迷う議員がいるかもしれない。
それにしても市長側の答弁時間も統一(30分)するのにはちょっと『ん?』だが、冗長の答弁が多い市長を気にしたのかもしれない。
議員の質問時間は残ったが『答弁時間が先に終わった』時はどうするのかなー?

質問時間を20分にする方向のようだが30分くらいはあったほうが良いと思う。でも一回目の質問時間が10分以内の現状から決めたのだと思う。
なれてくると『時間が足りない!』という事になりそうな気がする。
『議員』が『議員や傍聴席』に向かって質問(演説)する今の形態は陳腐だから質問席の設置を検討しているようだが当然のこと。
テレビ放映は傍聴席からのものだけしか出来ないのだが、インターネットのライブ中継は質問席(自席だが)からのものを正面映像にしていた。
工夫すればできるはずだから工夫してほしい。

一般質問は『ライブ中継だけ』するのだが、『開かれた!・・』を標榜するのなら『事後も公開』するのが『手っ取り早い』。それが『開かれた議会』だ。
ライブ中継は休憩中画面が無くなるからその気が失せる。

個人研究 番外

ある日、ひょこっと『ヒトミとレージ』が玄関にきた。
個人研究だそうで、『おやき』と『石』がテーマ。

長野県の『おやき文化』は沢山あって、みんな『自分で作るのが本物』だと言う。
灰の中で焼く、『ほーろく』で焼く、蓋のある鉄板で焼く、ふかす(むす)、揚げる、ふくらし粉を入れる(いれない)、いろいろあるし、中の具も「野菜は全部」と言われてヒトミはびっくりしたらしい。
坂の母さん』はその道のエキスパートだから良いテーマを選んだ。

『いけばたの父さん』は篤いから、もう化石を拾って(拾う手伝いをして?)くれて、着々と『石の研究』が進んでいるようだ、美麻は中央構造線が通っているからの河川両方で全然地質が変るのだが、そんなことに気がついてくれたら楽しい。

化石を拾った経験で『地質学者』に、石器や土器を拾って『考古学者』になった人を知っている。

個人研究その2

学校は臨時休校、『研究授業』と言うやつで、当の先生と指導教諭は『命を賭ける!』風情で『成果に期待』したい。『研究のための研究』になってしまわないように、真に『児童のための研究授業』になってほしい。
そんなことはともかく、件の学級以外は休み。
個人研究には絶好のタイミングだから全員弁当持参で出かけた。
連れ合いは農協の女性部の会で出かけて、1人になったから外は雨だし、呑気にPCの前。

「父さん、自然の遊びを教えてください!」と言われて実は困った。

昔の遊びと自然の遊びの違いも判りにくいのだが、当時の遊びには『適当な名前』が無いし、『筋書きのようなもの』もない。まして『ルール』はその都度変った。
適当なアドバイスが出来なくて「そーさなー、木登りかな?」といったのだが実は彼『木登り』はおろか『鉄棒の懸垂』すら出来ない(と思う)。
前に「うち木登りに目覚めた」と言うのがあっておかしかったのだが、道具も何もないところで遊んだ経験が無いから、実は『体のこなしがおかしい!』と心配する子供が多い。
広い意味で『体力がついていない』のだがちょっと意味が違って『自分の体を相応にコントロールする力』のこと。

takeyamaの時代に遊びの道具はなかったし親も買ってはくれなかったから自分で考えて遊んだ。
村の教育委員会にいた頃、幼馴染のレーコさんと『昔の遊びを記録に残したいねー』と話したことがあった。
『ボーベンス』や『お手玉』『くぎさし』、『鬼ごっこ』や『かくれんぼ』のルールはその都度工夫した。
スキーは価格が高かったから普通は『そり』だが、全部自分で作ったものだし、『運転そり』も有った。
当時の思い出を記録に残す必要性は感じているのだが『それを面白がるだけの元気』が不足してきた。レーコさんは故人になったし、周りのパワーも急速に衰えてきたのが残念。

ちょっと『系統立てて取り組まないと出来ない』のだが

そんな話はかれの胸腺には響かなかったようで、個人研究のテーマが『方言』に変った。
今日は『梨嶺』に来る高齢者を取材する予定で出かけた。
『人の話がよく理解できる子』だから『面白い研究』になるかもしれないのだが、高齢者のほうが緊張して『方言』を引っ込めてしまうのが心配。

おかしな行政指導

今日は大町病院で薬の処方を受け、1月分の薬を薬局から受けたのだが、納得できにくい行政指導が行われていると思った。

『医薬分業というやつ』で、病院の薬局から薬が出ずに薬局からもらうことになって久しい。
病院のすぐ前に『れんげ薬局』と言う市内の薬局が共同設置する薬局が出来て余り不自由は無かったのだが、今日は薬局の『病院側の入り口』と『病院へ入る歩道からの入り口』を閉鎖する工事が行われている。
本当はどうだか調べては無いのだが、入り口を『社会保険事務所の指導で閉鎖する』と断っていた。
国道(バイパス)側からだけの入り口になる。

Takeyamaの場合、『病院で処方箋をもらって』薬局を横目に見ながら『国道の歩道まで回って』『れんげ薬局で薬を受け』また『病院の駐車場に戻る』ことになる。
薬局と駐車場と病院のそれは柵で仕切ってあるから相当遠回りしないと見えている車に着かない。

『医業と薬業を分離する法の主旨』を指導?する体裁をとっているらしいのだが、利用者の立場に立てば『単に、不便で危険』になるだけのこと。

『れんげ薬局』は結構混み合うから、他の薬局から「不便にしてこちらにお客を回せ!」と突き上げられているのかもしれないが、それに『関係行政庁が手を貸している』のだとすれば変な話だ。

市の機関は事態を承知しているのか?
病院は承知しているのか?

至急『実態を調べてもらいたい』

利用している市民の立場に立っている行政指導とは?
今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
QRコード
QR
RSSフィード