FC2ブログ

安倍総理の政治センス?

参議院議員選挙の後の記者会見を見ながら書いている。
総理はマー記者の質問を受けるから良いのだが、自民党の役員は押しなべて眠そうだった。
すでに辞職するつもりの中川幹事長もだが、とりわけ同時に辞任するつもりの青木参院議員会長は居眠りをしている風で『終わった』感が明らか。緊張感はない。
夕べは眠れなかったはずで、選挙報道に付き合ったtakeyamaとて眠いのだから緊張感がなくなれば眠いはず。ちょっと同情した。
記者会見だからテレビはなるべく映らないようにしていたようだが。

結局首相は続投するようだが、「国民の声は人心一新!」だそうで『内閣改造』で済ませるらしい。
『首相に安倍が良いか?小沢が良いか?と言うのがこの選挙』と大きな身振り手振りで、大声で絶叫していたことには口をつぐんで、今度は『参議院選挙は政権選択選挙ではない』ときた。

『農相』2代のかばい方はいかにも『センスが無い』、『任命責任』があるなら罷免できるはず。『政治と金』の透明性の要求を蹴っ飛ばしたことも選挙結果につながった。

投票期日を延長して『投票率を下げる作戦』も『ばれたらおしまい』

度重なる『強行採決』。『美しい国』は『身の丈を知らない大国』で『平和を軽視する国に突き進むことではないのか』と選挙民は気がついた。

なんといっても1人区での野党側勝利が目立った。
1人区は文字通り『地方』だが前は自民党の牙城だった。
『今の自民党政治が農村を守らない』ことに『気がついた農民』が多くなった。自民党はもはや『農村政党ではなく都市政党』化しているのだが、それに気づかせた『民主党小沢代表がいた』という事だろうか?

いずれにしろ『総理の政治センスがずれている』のでは?

昨夜は開票速報を見ながら『続投報道』を聞いたのだが『タイミングが悪い』と思った。
『沈思黙考する振り』だけでも必要だったか?

選挙期間中の『小沢代表発言』、「政治生命をかける!」「逆転できなければ政界引退」
同じ時期、総理はノー天気に「負けても退陣しない」と。政治家の資質に差がある。

いずれにしろ、『政治が変る』いわゆる『潮目』の選挙だったのだろうか?
国民はしっかりしないといけないのだが『大丈夫』だ
スポンサーサイト



区切りそして帰省3

『山村留学』の中で『帰省』の占めるウエートは小さくはない。
年端のいかない子供達が自分だけの力で『帰省』という『行動』をするわけだから『独り立ち』の立派な機会になる。
『帰省の荷物』をまとめる作業とて『道中の負担』と『休み中の必要性』を天秤に掛けながらするわけだから簡単ではないし、それらを乗り越えたときの『生活力の向上』は『結構のもの』になるはず。

随分前のことだが、家に帰れることに『舞い上がっていた5年生』が『名古屋以西は独りになる現実』に気がついて『凍りついた』ことがあった。食事が一気に出来なくなった。
名古屋まで同行する中学3年生が『大丈夫!ホームまで連れて行ってやるから!』と励まして『何とかなった』のだが、2人とも立派な成長の機会になったはずだ。

夏休み早々『親子レク』のために『1人での帰省の機会』が無くなってしまった者が2人。
どうしても荷物の整理が甘くなる。

職場の体験に『消防署』を選んだ。そこへの送りを農家側、迎えはセンターと役割分担したのだが、帰りの時間(体験時間の終了時間)がばらばらだから「アップルランドで待っていて!」の指導員に「その場所がわからない・・」などと「うだうだ」いっている。ほんの5分くらい歩けば着く所。
「那須(栃木)から岡崎(愛知)まで夏休みに1人で自転車旅行した中1年生がいたナー」と昔話する。自己管理能力をつけてほしい。

シュウヘイ君たちが一緒だから、頼めば一緒に送り迎えしてくれることは判っているのだが『少し意地悪?』しないと身につかない。だから土壇場まで出動しない『農家の父さん』です。ある意味それが『山留』

最近随分やる気が見えてきたのだが、個人研究のテーマが『カエルの研究』ノートを持って「カエルはどこにいますか?」「自分で探せ!」の会話の後、翌朝は5時に起きて探しにいった。
ケースに入れたのだが、帰省時には『相棒の母さん』に『運ばせるはめ』になった。
『夏休み明けにはどうするのか?』見もの。自分(電車)で運んだらたいしたものだが。

去年の夏、ダイチは前日捕まえた『へび(青大将だが)』を実家にもって帰るという。帰省前夜に逃げ出したから実現しなかった(助かった!)のだが。『へびの抜け殻』を見た親は卒倒したようだから『もって帰ったらどうだったのか?』興味はあった。

「しっかり体を使って来い!」と送ったが、「宿題が沢山あって!」ときた。「昔は中学生に宿題は無かった!」と言ったら「中学生は自分から勉強したから!」と正解した者はいた。

区切りそして帰省、その2

2日間の職場体験をこなして姉と一緒に夕方帰省したのが1人。

学校からの通知表は、いわゆる『高値安定』。
『授業時間での発言が一番多い』とか。
『体育は抜群』なはずだが、5にならなかった理由は何かな?

『ハイ!』。
何か言うと『言い終わると同時に(時には終わらない内に)』言う。その割りに判っていないことが気になる。
だから『会話が進展しない』し、『相手への配慮なし』にしゃべるのも気になる。
だからすぐに『ハイ!は言うな!』と体育会系をいさめるのだが。

職場体験に総合福祉センター『梨嶺』を選んだ。
『どうだった?』の母さんに『たいした職場体験は出来なかった!』とのたまったが、『社会福祉協議会』が粋なことをした。
ジュンケイの母さんがいるのだが『トイレ掃除』の体験をセットしたらしい。
トイレの扱いが『ちょっとズサン』だから、『ちょうど良かった』というのが『父さんと母さんの感想』
2日目は入浴介助があるらしいが、職場から直接帰省するから、感想を聞けないのが残念。
高齢者とのコミュニケーションには『早口』と『独りよがりの会話』を改めなくてはいけない。

『夏休みにやりたいことがいっぱい』あって帰りの荷物が大変。勉強もしたいらしくて参考書も持って帰る。
荷物を指導員に運ばせようと画策したのだが、上手く説明できなくて『あっさり門前払い』
母さんに手伝ってもらって荷物を作り直し。
送料のことを心配するのだがちょっとピンボケ。
大きな荷物を持って30分歩くことになった。

帰りは姉と一緒でないと帰れない風。面倒を良く見る姉がそばにいてかえって独り立ちが難しいかな?

残りの2人は、28日に学級の親子レクと29日の地区レクを済ませて帰るそうだ。

区切りそして帰省、その1

24日が終業式、26日が帰省だが、センターの決まりどおりに帰るのは1人。
土日休みになって授業の時間が足りないのか、休みに学校の仕切る予定が入って25・6日は職場体験。
以下シリーズで農家の通知表

25日だけ職場体験し、26日の分をキャンセルして予定どおりに帰省した1人から。

中学初めての通知表を教育の専門家からもらってきて神妙に差し出した。

5もあるが2もある。本人曰く「ばらばら」だが、そのとおり。得て不得手が極端。
数学は小学校の基礎に問題があるかな?
家庭での反復学習の必要なことを学校は通知(通知表)しているが『まず学校の授業が大事!』と本人には告げて『可能性はあるなー』と言ったら『にこっ!』とした。

個人研究には『自然の遊び』を選んで「自然の遊びを教えてください!」と『ノートを持参した』のには『参った』
本人も家族も気がついているかどうか?『基礎的な体のこなし』が『大分怪しい』と診断した農家の父さん。
『汗をかいて遊んだ経験が足りない!』ことはたびたび言ったからそれが『個人研究のテーマ』になったとしたらテーマはタイムリーなのだが。

自然の遊びは『とりあえず木登りかな?』(こんなことも
『木登りも、落っこちたことも無いだろう?』と言ったら、それは『落ちろ!』と言うことですか?
「おちろ!」と言う「指導?」は難しいのだが、本当は「それが重要」だと思う農家の父さん。

『自然の遊び』は『指導できる代物』ではないから『回りを良く観察し、仲間を集めて遊ばないと出来ない』ことに気がついてくれたら良いのだが。
今の子供の周りは『遊びにまで大人の指導』があるから『自分で考える余地が無い』

職場体験は『アップルランド』テナントのパン屋でパンつくりをしたとのこと。
作戦が成功したらしい。『やまくの尚幸』はベイシアを同じような理由で狙ったのだが『はずれた』らしいから。
自分で作った(作ってもらったのかな?)パンを土産に帰ったから皆で半分ずつ食べた。
『すしコーナー』にも行って『ちょっとつまみ食い』したらしい。
『体験を提供する側』もなかなか大変、農作業体験を提供する山留農家も同じ様なもの。

大分『顔は黒くなった』のだが、夏休みで『真っ白』にならなければ良いが。

農家の通知表は『普通の会話』ができるから『マー良い』。『変な気負い』が無い。
『子供同士のときは声がきつい!』と心配するのは母さん、センターの指導員も。話がわかり冗談が言えるから農家との会話は弾むのだが。

今日は小学生の引率役だが大丈夫だったかな?
『判らないことは聞く力』は十分あると思うから『心配はしなかった』のだが。

無事『でも、それだけではすまない?』

16日の中越沖地震にはびっくりした。

でも、始めから『中越沖地震』だったわけではなく、相当時間が経過してそう名前がついた。

ちょうど連れ合い共々家の外にいたから『恐怖心』は少なかったが、相当長時間で家が「みしみし」いったからあまり良い気持ちはしなかった。
電線が「びゅんびゅん」いった。

後で家に入ったが、棚からものが落ちてもいなかったから良かった。

前には家でも『墓石が動いた』り、『座敷の壁に傷がついた』りもしたし、『商店の展示物が落ちた現場』も目撃した経験もあるから、簡単に『たいした事が無くてよかった!』と思っていたのだが、そんなに簡単なことでもなくなった。

地震の後、震源地が気になってテレビをつけたのだが、『新潟県及び長野県北部』が『震度6強』と報道されたから『全国に散らばる美麻関係者』は相当驚いたと思う。
始めから『中越沖地震』だったら、外の関係者はそう驚かなかったと思うのだが、そう名前がついたのは相当時間がたってからで、兄弟や知人からすぐに無事を確認する問い合わせがあった。

びっくりはしたが、震度6にもなる揺れでは到底なかったし、とても墓石が動いたとも思えなかったからマー震度4程度だったと素人でもわかった。

例の『阪神淡路大震災』のときに、テレビでの地震確認直後、関東に在住した義妹に大阪の実家に『すぐに連絡を取るようにアドバイス』して『無事が確認』できたのだが、その後は電話がパニックで不通になってしまって『あの時連絡できていないと!』と随分感謝されたことがあるから、『遠くの関係者』に『情報を提供しておく』ことは『案外大事』なことを実感している。

『自分が無事だったらそれでよい』だけでもないのである。

インターネットは即時性が特徴だから、直後に無事なことだけは発信したし(こちら)、大町の公式HPは何の反応もないが、『美麻wiki』ではtakeyamaの責任で『たいした被害がない』ことだけは発信した。
(その後消したから今は記述がないが、痕跡だけは履歴で確認できる)
無責任の批判は覚悟して即時性の特徴を生かしたつもり。

市も支所もちょっと『ノー天気』ではないか?
被害調査をした形跡もないし、いざと言うときの『危機管理』は危うい?

市は大きな方向性に『交流人口』を増やすことを掲げている。
『交流市民』には多くの『不特定多数の関係者』がいることに気がつかなければいけない。

事故や事件の情報のほかに、無事な情報も大事で、それもまた『危機管理』の一種では無かろうか?

とっさの場合に『HPを操作できる人材がいない』なんてことは無いよね~。

takeyamaの周囲は大概『成人病』を疑っているから『地震だと気がつく前』に自分の血圧等を気にして『自分の体が壊れた』と思った人のほうが多かったのが現実。

デザイン変更

梅雨明けが遅れていますがデザインを変更します。
といっても借り物

投票で あなたの意思を 国政へ

市の公式HPで参議院議員通常選挙への投票を呼びかけているのだが、『投票で あなたの願いを 国政へ』との標語を使っている。(こちら

どこかで募集した標語だとは思うのだが『地方公共団体が公式に市民に呼びかける標語』としては『ちょっとした違和感』がある。

『市民の側が他の市民に訴えるケース』では許せても『公共団体が住民に対するケース』としては不適切だと思うのだがどうだろうか。

ちょっと青い議論で恐縮だが、『民主主義の基本は主権在民』で政治の行方を選択するのは国民のはずだ。

『あなたの願いを 国政へ』の言葉には、『政治は官が行う』ものであり、国民は『政治にお願いするもの』としてのイメージがあり、『官尊民卑』の匂いを感ずるのはtakeyamaだけだろうか?

まして今回の参議院選挙は『与野党逆転があるか?』が主要なテーマで、まさに『国民がそれをどう選択するか?』であり、のん気に『願い』を参議院選挙に託す状況ではない。

投票で あなたの意思を 国政へ』に訂正するべきだと思うがどうだろうか?

大町市と言う公共団体の市政運営は『市民の言い分を聞く』のだが、それは『お願い』としてだから、結局は『聞いた振り』に終わってしまうことが多い。

歴史的に『日本の民主主義』は、結局『闘いとった物』ではなく、いわば『与えられたもの』だから、いつまでも『官尊民卑』なのだろうか?

「他意はない!」といった言い訳も想定されるのだが、『公式のHP』での記述だから『神経をとぎすまして』作ってほしい。

被害はない

16日10時13分の地震の被害はありません。無事です。
久しぶりに随分ゆれました。
とりあえずお知らせしておきます。
台風4号も平穏

『道の駅』が投票所

選挙が公示され、早々と投票所の入場券が届けられた。
表示されている投票所は『美遊』、道の駅。

選挙は7月29日、子供達が夏休みになり涼を求めて北アルプス山ろくの訪問者が飛躍的に増える時期。
このあたりでは、とりたてて『営業活動』しなくても観光客が訪れる時期で、美遊前は相当にぎわう。
日曜日(土曜日も)は『道の駅、農産物販売所(ちなみに『直売所』と名乗らないことに相当の意味があるのだが)』の営業日で関係者は売り上げに『相当期待』しているはずで、県からの補助事業『美麻い~とこよっとくれフェア』の重要な会場にもなっている。

『美麻の観光地?』の『ど真ん中』で、『観光シーズン真っ盛り』に地元民は選挙(投票)をすることになる。

選挙はもちろん民主主義のルールではもっとも基本的なもので、『公正』や『秩序』は『最良』に保たれることが民主主義の条件。

夏真っ盛りだから当然会場の扉や窓は開けはなたれるはずで、雑然とした雰囲気の中で投票行動が行われる事は必至(だと思う)。

『市議会議員選挙』にはこんなことがあった。
同じブログで『それなりの警告』はしたつもりだが市の職員の目には触れなかったのかなー?伝わってはいないのが「非常に残念」

選挙管理委員会の常識はtakeyamaとは違うらしい。
『想像力欠如』それとも『単なるノー天気』?投票の秩序をどう守る?
大町駅の前で『選挙』する?思考力はあるのかなー?

それとも、また『合併協定』を『持ちだす』のかなー?
確かに合併協議では「当面投票区や投票所は変えない」ことにはなっているが『村が村でいた場合』には『投票所の変更』があったはずだ。
そんなに無神経な村ではなかった(はず?)。

ポスターを

参議院議員選挙が公示されて候補者のポスター貼りをした。

『これだけいろいろあって、すんなり与党が勝つようなならこの国の国民はおかしい!』とか、『今度は良いでしょう!与党は負けるようなことばっかりしている』『一度はやらせてみないと!』などと言う声を聞いた。そんな声に背中を押された。

国民は皆が本当に素直な気持ちになって冷静に判断しなければいけない。

国会の会期延長を始めこのところ『小手先の選挙対策』だけに政治家(屋?)は腐心していたような気がする。
鬱々とした国民の不満をそらせるためだけに選挙の日程を一週間ずらした。
ごまかされてはいけない。

『政治家のボーナス返上』は『目くらまし』の類で、本来は公選法上認められないことではないのか?少なくとも『公選法の精神』には反している。
選挙対策上の措置にごまかされるべきではない。

自治体での不祥事等に対して給与等の減額措置では、その都度『条例を改定』して責任の所在を明らかにしてきた。
同じ法治国家だ。『目くらまし』を『真に受けて』はいけない。

宮沢喜一さんや後藤田さんは亡くなった。
戦争を実体験した上で『冷静に国の将来を見つめた政治家』がいなくなって、『利益誘導する政治屋』ばかりが目立つ。

小泉流の『ワンフレーズ政治』や『単に威勢が良い発言』ばかりにごまかされてはいけない。

『郵政民営化選挙』がいつの間にか『全部任せた!』ことになってしまった事実を忘れてはいけない。

自分で考えることが面倒になるととかく強いリーダーを求めたくなるのだが、ナチスや戦前の軍国主義の『負の遺産』を生かさなくてはいけない。

雨の日に、たまにはこんなことを思うtakeyamaです。

棚田のある風景(だが)

棚田はある意味日本の原風景だと思うのだが、棚田を維持することは相当の使命感とある意味遊び心がないと出来ない。
結局『あぜ』等の草刈。
ゆうに耕作面積の3倍は超える。
プラス日常の管理、もちろん水管理も、棚田は田から田に水を回す。水路から水を入れて排水路に水を出すようなわけにはいかない。
田植えと稲刈りはイベントで、ある意味観光資源になるくらいなのだが、それだけでは終わらない棚田の稲つくり。
20070706084347.jpg
藤友会では『あやめ』を植えたのだが
20070706084439.jpg付近で一番初めに耕作放棄したtakeyamaの水田を草刈した。一種の罪ほろぼし。
20070706084539.jpg
6月21日
20070706084634.jpg
7月4日

大事なもの

百姓を始めてまず目覚めたのがスイカつくり
この辺では波田、下原がブランドだが、地球が暖かくなって「『もうちょっと標高が高いところのものが旨い』と言う話がある」などと言う農協の幹部の話を聞いたことがある。

藤のスイカは工夫して作らないと9月の中旬になって食べごろになるから「寒くてもういらない!」と言うことになりかねない。
『8月のお盆の棚』に『10キロ級を供えたい』ことを目標に例年作ってきた。

しっかりトンネルを作って保護してきたから7月1日には花芽が咲いた。
開花後43日目が採りごろになるから間に合う。
20070704233136.jpg

20070704233156.jpg
7月2日開花分

この分だと8月20日頃までに40個ほどが生る勘定。
ツルの誘引をしっかりしたから1株4本、1ツル1個は大丈夫だから。

去年は体調が悪くて休んだのだが、『takeyamaのスイカ』の評判は相当なもの。
今後の天候が心配だが、自慢できそう。
日に何回も観察するから『連れ合い』があきれている。

今後は『梅雨明け宣言と同時に上のトンネルをはずす。』
『敷き藁』の下に『新聞紙』を敷いて雑草を抑え、日当たりを確保する仕掛け。

藤は一日の温度変化(日較差)が大きいから甘さが増す。
開花日を記入して収穫日を決める。

なんといっても『収穫のはさみを入れる日を決めるのがスイカ栽培最大の技術』だと思うtakeyamaです。

タヌキから守る

トーモロコシは『むじな(タヌキ)』の大好物!
すでに出来具合を窺っている気配がある。
2年ほど前から『相当のやつ』がいて防御が難しくなった。

『アニマルネット』が市販されているが、彼らの『学習能力』は相当なもので、こちらの意図は見破られて、相当丁寧に張らないと『下からもぐられ』てしまう。
今年は回りを耕運してネットの下部をしっかり埋めたから半日かかった。
20070704225850.jpg


今のところ上からは入らないから助かっているが『ハクビシンがいる』と言う情報もある。
やつはネットを乗り越えるから『この仕掛け』ではもたない。

藤のカラスはまだ学習が進んでいないから被害が無いが、他の地区ではやられている。
空軍にも対処するとなると大変。
サルが出たらもっと悲惨。
この前の騒動は一過性で済んではいるが。

彼ら野生動物は『必要な分だけ』を『丁寧に』食べるなら許しても良いが、『ちょっとだけつついて何本も被害に遭う』から『許すことが出来ない』

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR
RSSフィード