FC2ブログ

「大北」は「たいほく」だ。

大糸タイムスの18日と25日に「(大北)は(たいほく)だが(だいほく)と言っていてよくない。」との趣旨で投書があった。これについて29日にtakeyamaの投書も「声」の欄に載ったから紹介しておきます。

「大北」は、「だいほく」か「たいほく」かの議論が起きている。
地域の名称は地元の呼び名が正式なものであることは当然のことだ。
でも、これだけ情報化が進むと地元を離れて、間違った地名?が一人歩きしてしまうことが現実にはある。

美麻に「青具」という地区がある。青具の住民は「あおく」と言っているのだが、漢字をそのまま読むと「あおぐ」になるから、美麻以外の人は「あおぐ」と言うことが多い。
村の時代や合併後も、広報無線のアナウンサーを地元以外の人が行う機会が多かったから、ご他聞にもれず平気で(当たり前だが)「あおぐ」と放送する。面倒だが勇気を奮ってその都度正してもらった。
「でも重文中村邸の前の交通案内版はAOGUになっている」と指摘されたことがあり、設置者の県に「AOKUに正して」もらったこともある。

今度のケースは「だいほく」を安易に許してきた「地元に責任は無かったか?」

「青具」は遠く平安時代から「あおく」だが、「大北地方」は大町市誕生以後の造語だ。例の「山岳めぐる北安曇」に始まる「北安曇郡歌」の時代に「大北地方」は無かった。全部が北安曇だったからで、その一部が「大町市」になってから、「大町北安曇地方」になり、「大北地方」になったものだから、「昔から」と言っても「歴史的にはせいぜい50年」で、正式には「おおきた」地方のはずだが、大北を「たいほく」と呼んで、それが地元に定着したのだから「その現実」をもっと大事にしなければいけなかった。

25日付けの投稿で例にした「大北農協」は、周囲は「たいほく農協」と言っているのだが、「当の大北農協」の「正式な金融機関名」は「ダイホク農協」で、金融機関の振込み用紙に「タイホク農協」と記入したら正しく振り込まれない。
「だいほく」の元凶は「大北農協」と「それを許した地元」ではなかったか。

NHKや気象庁に「いろいろ言うのは筋違い」ではないだろうか。
スポンサーサイト



10月16日から美麻郵便局は

郵便物を集配しない郵便局になる。

いわゆる「外務職員は全部大町局に移動」して、美麻郵便局は局長を含めて3人体制になり、時間外や休日の業務は無くなる。

28日、本来は関係は無いのだが、地域づくり委員会の席上マツザワ局長が説明した。

郵政公社は、民営化をにらんで組織を改変する予定だが、地元自治体(ということは大町市)と、地元自治会に「十分説明をするように!」と方針を決め、大町市長に説明に訪れたところ、市長は「説明は聞いたが了解はしない。」「地元の自治会長に説明するだけでは自治会長が間に入って困る。」「自治会ごとに説明会をしてほしい」と要求した。

いかにも公務員出身者らしい対応だが、市長の意向を受ける形で、地域づくり委員会に参加している区長に日程調整を依頼した。

今後各地区で説明会がひらかれるはずで、そのとき詳細を聴けばいいのだが、説明書にはもちろん「今よりサービスは低下しない」と書いてある。でも説明している局長自身が無理なことを承知している感じ。

外務員が大町局に集約されるから、美麻局では集配の業務をしない。だから、今は午前中の配達だが、夕方になる場合があること認めたし、弾力的に行ってきたサービスは制約を受けることは明らかだ。
窓口で貯金の出し入れや郵便物の受付はするが時間外は出来ない。
ATMが残って「変わりなく使える」のは「まーよかった」

美麻以外の地区では、実施時期を遅らせた所もあることが紹介された。
大勢説明会に出席し、将来の姿を想像しながら意見交換するべきだ。

やっぱり

なんとも「陳腐な会」に出席しました。
言ってみるだけ!本当のガス抜き。
美麻支所は完璧に市役所のほうを向いているから、「地域づくり委員会」は「有名無実」の存在にしたいことは承知していたつもりですが、「やっぱり!」です。
すでに市長の方針が決定し、どうにもならないことを説明し意見を聞くつもりなどありません。
それを何とか追認して格好をつけようとする委員が合わさって、「住民の意見をまとめて市長に提言する」方向などはかけらもでません。

ぽかぽかランドの指定管理者制度導入は、住民説明会での説明を一年以上早めて9月条例改正、11月公募、2月実施、とりあえず3年間の方針は動きません。

住民説明会では「早くて来年実施」と説明した記録も配られたのですがそれを指摘しても「無視」です。

市の正職員(今は3名)と現場で採用した職員がいて、「いいコミュニケーションが取れないから直営はだめ」は納得できませんが、「説明は受けたが了解したわけではない」というのが「精一杯」

「委員会をうまく使って」「市役所の意向を通すという姿勢」が続く限り地域づくり委員会は本来の使命を果たせない。

「地域選出の議員から説明を受けるべき!」には「ん!」、委員の側の意識も問題。
本当に諮問されたらどうするんだろう?

指定管理者の見込みは「自信満々」の感じです。
19年度から借金の返済はないし、新エネルギービジョンがらみでボイラー整備は出来そうだし、「使えるだけ使ってさようなら!」にならなければいいのですが。

「商工会」という「会社」(ちょっと意味があるつもりですが)が参入を考えているかも?
「地域自治組織設立準備委員会」のころから「地域づくり会議」が受け皿になるかの検討は必要だったのですが、「そちらの想像力」が働く人は無かったのです。

相当の住民説明が無いと「住民がそっぽを向く」ことになる。
今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QR
RSSフィード