FC2ブログ

地域情報の発信

合併後の地域情報の発信に「支所」の「姿」が見えない。本庁のことが気になって情報の発信を遠慮しているのかナー。

ポケットニュースが、CATVからの情報などを発信してくれて重宝している。(こちら

メンドシーノへの児童訪問の日程や訪問団の内容も知らせてもらった。(こちら

メンドシーノへの訪問は、旧「むら」人の関心が高く、形は「実行委員会」で、行政から分離はしているのだが、「実行委員会」が独自の収入を得て活動する組織になってはいないはずで、ある意味「行政そのもの」であるとも言える。その思いがあって、訪問団の団長に行政のトップを据えたのだと思う。

マーちょっと矛盾もはらんでいて、正確な報告がないから公開してもどうかと思うのだが、交流の実行委員会のトップはもと村長の吉○さん、現在は「悠悠自適」。

使い分けが見事と言うか、ご都合主義と言うか。

参加児童が決定している。合併で遠慮して?補助金を減額して要求した事もあって、参加負担金が毎回上がり、「公が人づくりのために小学生を全員訪問させる」意味が薄れてきているから、参加児童の負担軽減(引率者の負担軽減ではなく)を住民の一人として配慮したほうが好いかな?と思ったことがあったのだが、「訪問を大々的に公開して、事業に多くの住民参加を求める」方向にではなく、「ソーっと市民の話題にはならないように!」する姿勢が見えるから「遠慮して」おく。

でも「公費をちょっぴりいただくから、市長と議長は訪問団のトップに据える」のだから「そうでもないか?」

「市民の感情」と「市長」「議長」は必ずしも一致しないと思うから「得たものも大きいが失ったものもある」ことは「自覚」したほうが好い。

市の議会で「市長の姉妹市への訪問費用」に関する質問に、「とりあえずは規定の予算で対応し、不足する場合は補正予算をお願いしたい(支所長)」との答弁があったときにちょうど傍聴していたから報告しておきます。関係の皆さん参考にしてください。
「市長他2人ほどの訪問費用は市の旅費から支出し、その分は児童の負担軽減に」等と言ったら関係者に怒られるかなー。

議会の議論の際には児童の訪問団に同行するとは思わなかった。
激職の市長に1週間子供に同行するような暇はないから、別途姉妹市への調印公式訪問のことだと思ったのだが、「再び立候補はしない」ので楽になって同行することになったのかナー。「死に体」になった市長なのだが。
スポンサーサイト



comments

市長さんの日程は子どものそれとは多少違うそうで、まだ未定の部分が多いということで書きませんでしたが、行く日は同じ日だけど飛行機が違うのと、帰りは訪問団よりも1~2日ほど早い帰国になるということが現在わかっていることだと思います。1日目のホテルで合流という話も聞いています。

「訪問の団長」なんてことにしないほうが好いのではないかなー
公式の「シスターシティー調印」は児童の訪問事業とは違う位置付けにしたほうがすっきりすると思うのだが。
ホテルでたまたま一緒になっても
本文でも書いたのだが、議会での答弁はそんな雰囲気だった。

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR
RSSフィード